JR東日本は、時間課金型の新業態カフェ「BECK’S STATION LOUNGE」を、2月26日にさいたま新都心駅構内にオープンする。

利用料金は最初の20分が200円(税込)で、その後1分ごとに10円(同)が課金される。精算は入退店時にSuicaなどの交通系ICカードを端末にかざすことで、キャッシュレスで自動的に行われる。

店内には一人用のコワーキング型座席を中心に26席を設置。各座席にコンセントを設けるほか、フリーWi-Fiサービスを提供する。利用中はコーヒーやコーラなど8種類のドリンクと、ソフトクリームがフリーサービス。焼き菓子やサンドイッチ等の軽食もSuicaなどで購入できる。

場所はさいたま新都心駅改札外そば。営業時間は午前7時から午後9時まで。3月31日までは開業記念キャンペーンとして、最初の20分が100円で利用できる。

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東日本、時間課金型の駅カフェ出店 1分10円でフリードリンク