ピーチ・アビエーションは、11月の国内線運航計画を発表した。

運航便数は計2,809便で、運航率は10月より17ポイント改善され、当初計画比83%となる。Go To トラベルキャンペーンにより、平日を含めた需要の回復が見られるとし、国内線全26路線のうち13路線を計画対比100%で運航する。また、連休中の11月21日および23日は計画対比97%となる112便で運航する。

一方、13路線559便で減便を実施する。対象路線は東京/成田~札幌/千歳・釧路・大阪/関西・福岡・長崎・宮崎・鹿児島線、大阪/関西~仙台・新潟・福岡・宮崎・鹿児島線、仙台~札幌/千歳線。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ピーチ、11月の国内線運航計画を発表 運航率が大幅改善、Go To トラベルによる需要回復受けて