ウルトラモーターフェスティバルに大挙集結した、映画『ワイルド・スピード』の劇中車レプリカたち。今回は、日本を舞台にした『X3 TOKYO DRIFT』で活躍したマツダRX-7(FD3S)を紹介しよう。

ワイルド・スピードX3で活躍したマツダRX-7(FD3S)の劇中車レプリカ

FD3Sとは思えない迫力のボディ。

日本のクルマが登場する映画なのだから、いずれは日本を舞台にする時もあるだろうと誰もが思っていた『ワイルド・スピード』。その願いは3作目『X3 TOKYO DRIFT』で実現した。東京・渋谷や新宿といった街を激しいドリフトで駆け抜ける様が圧巻で、前2作に続き、世界的な人気作となった。



このX3に登場した劇中車で最も注目されたのが、見たこともないスタイルをしたスポーツカー。これこそ2005年に開催された東京オートサロンで話題をさらったカスタムショップ「ヴェイルサイド」が製作したコンプリートカーだった。



フォーチュンと名付けられたコンプリートカーのベースはマツダRX-7(FD3S)。純正のボディへオリジナルのエアロパーツを装着することでワイドなスタイルを実現したのだ。

黒い部分が純正ボディでオレンジがフォーチュンのパーツ。

このフォーチュンを展示したのは、まだ30歳と若いオーナー。映画をみた影響で免許を取る前からFD3Sに憧れ続けてきたそうで、このクルマの前にもFD3Sを手に入れている。ところがこの個体がハズレだったようで、トラブルが多発してしまい、維持するだけでも精一杯な状況になってしまった。



そこで一旦FDを手放して、移動のアシはバイクへ切り替えた。バイクに乗る日々が3年ほど続いたが諦めることはなく、次なるFD3Sの購入資金を貯め続けた。

リヤウインドーをスプリットタイプにするオプションエアロ。

2018年のこと、フォーチュンを製作するヴェイルサイドへ、すでにフォーチュン化された中古車が入庫する。ベースのFD3Sを持ち込んで製作してもらうと3年近い歳月がかかってしまう。それならば、すでにコンプリート状態になったものを買った方が良いのではないか。そう考えて購入を決断した。

フォーチュン専用デザインのウイング。

聞くも涙、語るも涙なFD愛、フォーチュン愛。まさにフォーチュンを乗るにふさわしい若きオーナーなのだ。



ただ、映画では最終的にフォーチュンがクラッシュしてしまう。そこでオーナーはフォーチュンが復活した時をイメージして独自のアレンジを加えることにした。それが前後左右に追加したオプションエアロだ。



ただ、使ったパーツはすべてヴェイルサイドが製作するオプションパーツなのだから、違和感はない。それどころか映画公開から15年が経過しているのだから、このように進化するのは当然といえば当然のこと。苦節3年をかけて手に入れたクルマだけに、思う存分カスタムを楽しんでいただきたい。

アルミホイールは20インチを選んだ。

劇中車では19インチだったヴェイルサイド製のアンドリューレーシング・エボリューションVだが、ここにもオーナーはこだわりを見せる。同じアンドリューレーシングながら2020年に新発売されたフォージドVに変更したのだ。さらにサイズは20インチとし、迫力を増している。

ダッシュボードに追加メーターを装備。
ヴェイルサイド製シートに変更。

外装はフルにエアロパーツを装着したカスタマイズが施されているが、内装は比較的大人しくまとめている。それもこれも、外装に好きなだけ予算を注ご込みたかったからだろう。ともあれ、ここまで見事な状態を維持しているのだから、オーナーに拍手したくなる。

情報提供元 : MotorFan
記事名:「 マツダRX-7(FD3S)がヴェイルサイドの手で大変身! ワイルド・スピード登場で世界に名を馳せた名車【12th U.M.F. in KOFU AUTO SALON】