「はたらくクルマ」のエンジンには虚飾は不要、ただひたすら、確実に仕事をこなすことが求められる。ハイエースへの搭載をはじめとしたトヨタのヘビーデューティエンジンをご紹介しよう。

SUVや商用車向けに設計された縦置き専用のRZ系列エンジンの後継として2003年に登場したTR系列は、鋳鉄シリンダーブロックとアルミ合金製シリンダーヘッドを持つ堅実かつ堅牢な直列4気筒エンジンである。1953年登場のR系列を始祖とし、1982年に商用車向けエンジン系列を整理統合、機構をアップデートしつつ生産合理化とスケールメリット増大を図るという意図で開発されたRZ系列を経てTR系列に至るため、その搭載車種の主力は商用車であり、日本では“ハイエース”の搭載エンジンとして有名だ。RZ系列から引き続き、エンジン高さの抑制や高回転の許容性よりも常用回転域での実用性能=低・中速トルクを重視した設計となっている。RZ系列ではDOHCもしくはSOHCのシリンダーヘッドとの組み合わせであったが、TR系列ではDOHCのみである。



TR系列のエンジンは前述の“ハイエース”をはじめ、“コンフォート”のような商用セダンから“ハイラックス”や“ランドクルーザー”のようなSUVやピックアップトラック、果ては同じトヨタグループの日野“デュトロ”とトヨタOEM供給の“ダイナ”“トヨエース”のような2~3トン積みクラスの小型・普通トラックに至るまで、その搭載車種は実に幅広く、海外でも広く使用されている。

■ 1TR-FE

気筒配列 直列4気筒

排気量 1998cc

内径×行程 86.0×86.0mm

圧縮比 9.8

最高出力 98kW/5600rpm

最大トルク 182Nm/4000rpm

給気方式 自然吸気

カム配置 DOHC

吸気弁/排気弁数 2/2

バルブ駆動方式 スイングアーム

燃料噴射方式 PFI

VVT/VVL In/×

(ハイエース/レジアスエース)
商用車用エンジンの整理統合要請から、汎用性が高く、堅牢で、搭載性に優れたエンジンを作るという目的で生まれたTR系列は、その内部構造もシンプルそのもの。エンジン高さを抑えようとしたヘッド形状などに苦心の跡が見られる。

■ 2TR-FE

気筒配列 直列4気筒

排気量 2693cc

内径×行程 95.0×95.0mm

圧縮比 9.6

最高出力 120kW/5200rpm

最大トルク 246Nm/3800rpm

給気方式 自然吸気

カム配置 DOHC

吸気弁/排気弁数 2/2

バルブ駆動方式 スイングアーム

燃料噴射方式 PFI

VVT/VVL In/×

(ランドクルーザープラド/ハイエース/レジアスエース)

情報提供元 : MotorFan
記事名:「 内燃機関超基礎講座 | トヨタTR型ガソリンエンジン:SUVやオフローダー、商用車向けのタフなトルク重視型 」