1月7日、メルセデス・ベンツ日本はミッドサイズSUVのGLCに、プラグインハイブリッドパワートレインを搭載した「GLC 350 e 4MATIC」を設定し、同日から予約注文受付を開始した。税込車両価格は899万円。

システム総合で320ps/700Nmを発揮する2.0ℓハイブリッドを搭載

「GLC 350 e 4MATIC」には、211ps/350Nmを発揮する2.0ℓ直列4気筒ガソリンターボエンジンに、最新世代のプラグインハイブリッドシステムを組み合わせ、システム総合で320ps/700Nmを実現。リチウムイオンバッテリーの容量は13.5kWhで、車速130km/hまではモーターだけによるゼロエミッション走行が可能。その場合の航続距離は最大46.8kmをマークする。



このモデルに採用される「インテリジェントアクセルペダル」は「プレッシャポイント機能」を備えている。EVモードの際、これ以上アクセルを踏むとエンジンも使用しなければならないというモーター走行の限界点で、アクセルペダルの抵抗を増してドライバーに知らせることにより、無駄なエネルギーの消費を抑えるドライビングを実現する。



なお、このモデルの購入者には、6.0kW(30A)対応の交流普通充電器本体が無償提供されるほか、設置にかかる費用負担を軽減するため10万円のサポートが受けられる。このほか、充電サービス「Mercedes me Charge」に、普通充電器(AC)が定額で利用できる 「Mercedes me Charge AC」を新たに導入したことにより、月額基本料金3000円(税込)で全国にあるNCS(合同会社日本充電サービス)加盟の普通充電器(AC)を無料で利用できるなど、オーナーへのサポート体制が充実している。

●メルセデス・ベンツ公式WEBサイト「GLC」

情報提供元:MotorFan
記事名:「 メルセデス・ベンツのミッドサイズSUV「GLC」にプラグインHVモデル「GLC 350 e 4MATIC」が登場! EVモード時の航続距離は最大46.8km