・月間販売台数 5426台 (19年9月〜20年2月平均値)

・現行型発表 19年4月

・JC08モード燃費 25.2㎞/ℓ (WLTCモード燃費 21.4㎞/ℓ)※「HYBRID X」のFF車



REPORT●小林 秀雄

PHOTO●平野 陽 

MODEL●佐々木 萌香



※当記事は2020年4月発売の「2020-2021年 国産&輸入SUVのすべて」に掲載されたものを転載したものです。

全幅:1865㎜ 全高:1690㎜ ミラー・トゥ・ミラー:2155㎜
開口高:680㎜
全長:4320㎜ 最小回転半径:5.5m~5.7m

専用のフロントグリルとフロントバンパーを備える「Adventure」は、専用シルバー塗装のリヤスキッドプレートも装備。マットクリア塗装が施された19インチアルミホイールが足元を引き締める。

■主要諸元 Adventure

全長×全幅×全高(㎜) 4610×1865×1690

室内長×室内幅×室内高(㎜) 1890×1515×1230

ホイールベース(㎜) 2690

トレッド(㎜)前/後 1595/1615

最低地上高(㎜)200

車両重量(㎏)1630

エンジン種類 直列4気筒DOHC

総排気量(㏄)1986

最高出力(kW[㎰]/rpm) 126[171]/6600

最大トルク(Nm[㎏m]/rpm)207[21.1]/4800

燃料タンク容量(ℓ) 55(レギュラー)

トランスミッション形式 CVT

駆動方式 4WD

タイヤ・サイズ 235/55R19

最小回転半径(m) 5.7

WLTCモード燃費(㎞/ℓ) 15.2

車両本体価格 319万5500円

撮影車両データ

ボディカラー:アッシュグレーメタリック×アーバンカーキ

オプション装備:デジタルインナーミラー(4万4000円)/インテリジェントクリアランスソナー(2万8600円)/ハンズフリーパワーバックドア(7万7000円)/T-Connectナビ9インチモデル(24万4200円)/特別塗装色(5万5000円)/他

先進安全装備

※全車。誤発進抑制は「Adventure」「G」系にオプション。

単眼カメラとミリ波レーダーを使用した予防安全パッケージを全車に標準装備。グレード別にリヤクロストラフィックオートブレーキ+ブラインドスポットモニターも採用され、さらに安全性能を高めている。

ボディカラー

※1は3万3000円高。 ※2は5万5000円高。 ☆は「Adventure」専用色。 ★は「Adventure」に設定なし。

乗降性

〈前席〉ステップ高:450㎜ 助手席シート高:680㎜
〈後席〉ステップ高:460㎜ シート高:700㎜

ドア開口部が広く、シートも適度な高さにあるため、乗降性は良好。ドアパネル下端がサイドシルを覆うよう設計されているため、泥はねなどの汚れが衣服に付く心配も少ない。

インパネ

SUVだからといって泥臭くなり過ぎることもなく、カジュアルかつ機能的にデザインされたインテリア。内装色はブラックが基本だが、「Adventure」の場合、オーキッドブラウンを選択すると写真のように明るい印象となる。空調は左右独立式フルオートエアコンを全車に標準装備。ナビゲーションは販売店オプション。

前席

「Adventure」は専用デザインの合成皮革をあしらったスポーティシートを装備。運転席には8ウェイの電動機構とランバーサポートも備わり、快適なポジションに調整できる。

後席

後席シートにはリクライニング機構が備わり、快適な姿勢で座ることができる。膝前のクリアランスは約210㎜、頭上は約150㎜と極めて広く、のびのびとした開放感を味わえる。

ラゲッジルーム

〈通常時〉奥行き1015㎜

後席格納時〉高さ:810㎜ 奥行き:1970㎜ 幅:1000㎜

フロアの幅と奥行きは通常時でもかなり広く、9.5インチサイズのゴルフバッグを4個積載することができる。デッキボードの高さを変更することも可能だ。6対4分割可倒式の後席シート格納時のスペースもフラットで使いやすい。

うれしい装備

高さを上下2段で調整できる荷室のデッキボード。下段にセットすれば容量を稼ぐことができる。また、裏側の素材が樹脂でできているため、ひっくり返せばマリンスポーツなどで使用する濡れた荷物も気にせず収納できる。

荷物で両手が塞がっていても、リヤバンパー下に足を出し入れする動作でテールゲートを自動開閉できるハンズフリーパワーバックドアをグレード別に設定。

路面状況に応じて駆動力やブレーキを最適な状態に自動制御するマルチテレインセレクトを、ガソリン4WD車に標準装備。
前席の快適温熱シート+シートベンチレーションを「Adventure」にオプション設定。夏冬ともに快適に過ごせる。
通信機能のT-Connectに対応した純正ナビゲーションは、リアルタイムの天気予報など、さまざまなアプリも利用できる。
カメラで捉えた後方画像を表示するデジタルインナーミラーをグレード別に設定。視野角が広がり、安全性向上にも寄与する。

〈TOPICS〉3種の4WDシステムを採用

RAV4には、E-Four、ダイナミックトルクコントロール4WDのほかに、世界初となるダイナミックトルクベクタリングAWD を採用。これは前後トルク配分に加え、左右後輪トルクがバリアブルに変化する最新4WDシステムだ。

〈ENGINE〉全車1.0ℓダウンサイジングターボエンジンを搭載

ガソリン車は最大熱効率40%を達成した、2.0ℓ直列4気筒ダイナミックフォースエンジンを搭載。吸気バルブの開閉タイミングを最適制御するVVTiEを備え、レスポンスも高めている。トランスミッションは発進用ギヤを内蔵したダイレクトシフトCVTを組み合わせる。

バイヤーズガイド

G“Z Package”

Adventure

HYBRID G

オフロード走行大好きなボクがぜひ欲しいのが、ダイナミックトルクベクタリングAWD。となるとグレードはガソリン車の「Adventure」か「G“ZPackage”」からの選択となる。価格差は約21万円だが、ステアリングヒーターやクリアランスソナー、ブラインドスポットモニターなどの装備差を考えると、「G“Zパッケージ”」がお買い得。

2.0ℓガソリン車に4グレード、2.5ℓハイブリッド車に2グレードをラインナップ。一部にFF車も設定されているが、4WD車が大半を占めている。そのうち「Adventure」と「G“Z Package”」にはダイナミックトルクベクタリングAWDを採用する。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 〈トヨタRAV4〉悪路走破性を鍛えて北米から凱旋した五代目【ひと目でわかる最新SUVの魅力】