1979年(昭和54年)に2ストスポーツのホンダMB50が登場以来、スズキRG50E、カワサキAR50、ヤマハRZ50など、次々に最高出力7.2psのフルサイズ50ccモデルが登場。2スト50ccスポーツモデルの競争が激化した。「打倒ライバル車」「クラス最強」を目指し、ホンダは水冷2スト7.2馬力フルパワー&前後18インチのフルサイズモデル「MBX50」をリリースした。

REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

「プロリンク式リヤサスペンション」「大径Φ29mmフロントフォーク」「軽量アルミ製ブーメラン形スポーツコムスターホイール」などを採用

Honda Collection Hall 収蔵車両走行ビデオ MBX50 Hondaチャンネル(You Tube)より
写真はアグレッシブなイメージのレッドカラー。当時の発売価格は18万6000円。

新設計の水冷2サイクル49ccエンジンは、中低速域での使いやすさを向上させた、ホンダ独自の整流板付4葉リードバルブを採用。

MBX50の2ストエンジンは燃費性能もGOOD(73.0km/L、※30km/h定地走行テスト値)。

ヤマハ RZ50に続き、50ccで2番目に採用の水冷2ストエンジン。

 1982年(昭和57年)2月にデビューしたホンダ MBX50は、前年の1981年(昭和56年)に登場したヤマハ RZ50に続き、水冷2ストロークエンジンを搭載し、50ccクラス最強の最大出力7.2馬力(メーカー自主規制MAX)を誇った。



 前身のMB5は、空冷で7.0ps/9000rpmを発揮。一方、MBX50は7.2ps/8500rpmとなり、500回転低い回転数でMAXパワーを発揮。クラス最強ながら、扱いやすい特性としたのもホンダならではだった。



 ボア×ストロークはMB5と同じく、ホンダ50ccの2スト最終モデルとなる「NSR50」まで引き継がれた、ロングストローク型の39mm×41.4mm 。



 新設計の水冷2サイクル49ccエンジンは、中低速域での使いやすさを向上させた、ホンダ独自の整流板付4葉リードバルブを採用。この2ストエンジンは燃費性能にも優れ(73.0km/L、※30km/h定地走行テスト値)、12Lの大型フューエルタンクと相まって、長距離ツーリングも楽しめる仕様に仕上げられていた。



 ミッションは前身モデル「MB5」よりも1段多い、よりスポーティな6速をチョイス。フレームはヘッドパイプ周りに超高張力鋼板を使用したセミダブルクレードルタイプ」を採用している。



 前後タイヤはフルサイズゼロハンならではの18インチ。全長はMB5よりも40mm延長され、ホイールベースは1255mmのロング設計とするなど、250cc並のビッグサイズが特徴だが、取り回しが容易な軽量設計(乾燥重量79Kg)としている。

キャンペーンにはバイク好きでも知られたトップアイドル、マッチこと近藤真彦氏(当時17歳)を起用。当時、マッチはホンダGL400を所有。後に限定解除(現在の大型自動二輪免許)を取得し、ホンダVF1000Rのオーナーとなった。写真は月刊モト・チャンプより。

当時のホンダスポーツモデルの定番だったコムスターホイール。

 正立型フロントフォークは、インナー径Φ29mmの太いパイプを導入。リヤショックはMB5のツインショック型から、当時は上級スポーツモデルに採用されていたハイレベルなプロリンク式とし、MB5よりも旋回性能を大幅に向上させた。



 当時、ホンダのスポーツモデルに繁用されていた軽量アルミ製ブーメラン形のスポーツコムスターホイール(レーサーのRS250Rにも採用)や、デュアルピストンキャリパー装着の油圧式フロントディスクブレーキなど、250ccクラス以上と同様の装備がポイント。



 クラス最強を目指したMBX50は、レジャーモデルのモンキーやダックスなどにある遊び心が一切なし。「50ccだから」という妥協を一切省き、大型のスポーツモデルに採用の高性能な機能が惜しげもなく盛り込まれている。



 メーターはスピード&タコが一体型となったタイプ。なお、初期型(1982年~1984年モデル)は、スピードメーターが90km/h表示(実際に90km/h出たらしい)。

大型の角型ヘッドランプを採用したフロントマスク。

 12L入りの大型フューエルタンク、エアガイド付きフロントフェンダー、リヤカウル一体型のウィンカー&テールランプなど、各部のデザインも非常にスポーティ。



 12ボルト・3アンペアのバッテリー、大型の角型ヘッドランプ(35ワット)、視認性に優れた指針の光る透過光式メーターなど、装備も充実していた。



 なお、1984年の後期型は、自主規制により5.6馬力に出力ダウン(下記参照)。1985年に登場のMBX50Fは7.2馬力に戻ったものの、60km/hの速度リミッターが装備された(下記参照)。

写真は爽やかなイメージのホワイトカラー。

写真は精悍なイメージのブラックカラー。

クラス最強を目指したMBX50は、「50ccだから」という妥協を一切省き、大型のスポーツモデルに採用の高性能な機能を惜しげもなく投入。

1984年(昭和59年) 自主規制により5.6ps/6,500rpmに出力ダウン【型式:A-AC08】

ホイールベースは1255mmから1250mmに延長。

アンダーカウルが標準装備 され、乾燥重量は79㎏から83㎏に増加。

 1984年(昭和59年)、どんどん過激になっていく50ccスポーツモデルが社会的に問題視された結果、MBX50の最大出力は7.2ps/8500rpmから5.6ps/6500rpmに出力が抑えられた。最大トルクは0.65kg-m/7500rpmから0.63kg-m/6000rpmに低減。



 キャブレターの口径はPFΦ15からPFΦ11に小径化され、トランスミッションは6速から5速に変更。アンダーカウルが標準装備され、乾燥重量は79㎏から83㎏に増加した。当時の発売価格は18万9000円。

1985年(昭和60年) MBX50F【型式:A-AC08】として7.2馬力&6速ミッションが復活!CDI点火装置に60km/hリミッターを追加

フロントビキニカウルを標準装備。燃料タンクは12Lから11Lにサイズダウン。

キャブレターは初期型のPFΦ15よりも1サイズ大きいPFΦ16を採用。

 1985年(昭和60年)のマイナーチェンジにより、MBX50の販売台数は低下。そのため、名称をMBX50Fとして最大出力を5.6ps/6500rpmから再び7.2ps/8500rpmにアップ。最大トルクは初期型と同様の0.65kg-m/7500rpmとし、ミッションも6速に戻された。



 キャブレターは初期型のPFΦ15よりも1サイズ大きいPFΦ16。このモデルより、CDI点火装置に60km/h速度リミッターが装備されるようになった(60km/hに達すると失速する装置)。



 乾燥重量は83㎏から82㎏に軽量化。フロントビキニカウルが標準装備され、燃料タンクは12Lから11Lに変更された。当時の発売価格は19万8000円。1987年(昭和62年)に後継モデルのNS50Fが発売されたが、MBX50Fはしばらく併売された。

1983年(昭和58年) フルカウル付きの79ccモデル「MBX80インテグラ」 【型式:HC04】

前後タイヤはMBX50よりも1サイズ太い、F2.75-18、R3.00-18の各サイズをチョイス。

タンデムシートとタンデムステップを装備し、2人乗りも可能としている。

 1983年(昭和58年)、MBX50のフレームと足周りをベースに、水冷2サイクル79cc単気筒エンジンを搭載したフルカウル装備のロードスポーツモデル「MBX80インテグラ」が登場。タンデムシート&タンデムステップの採用で、2人乗りも可能としている。



 2ストエンジンは燃焼効率の優れた半球型燃焼室を採用。 さらにスムーズな吸気をもたらす整流板付4葉式リードバルブ、大型エキゾーストチャンバーの採用などにより、最高出力12ps/9000rpm、最大トルク0.97㎏-m/8500rpmを発揮する。当時の発売価格は22万8000円。

全長 (m):1.920

全幅 (m):0.675

全高 (m):1.000

軸距 (m):1.255

乾燥重量 (kg):79

シート高 (m/m):770

フレーム形式:セミダブルクレードル

タイヤサイズ:

 前 2.50-18-4PR

 後 2.75-18-4PR

エンジン型式:AC03E 2サイクル単気筒

冷却方式:水冷

キャスター/トレール (m/m):26°30′/72

総排気量 (cm3):49

内径×行程 (m/m):39.0×41.4

最高出力 (PS/rpm):7.2/8,500

最大トルク (kg-m/rpm):0.65/7,500

圧縮比:7.3

始動方式:キック式

点火方式:CDI 2段リタード付

燃料タンク容量 (L):12.0

変速機形式:6速リターン

変速比:

 1速 3.545

 2速 2.333

 3速 1.722

 4速 1.380

 5速 1.173

 6速 1.041

緩衝装置:

 前 テレスコピック

 後 プロリンク

キャブレター:PF15

バッテリー:YB3L 12V-3AH

当時の発売価格:18万6000円
型式:HC04

全長(m):1.980

全幅(m):0.685

全高(m):1.125

軸距(m):1.265

最低地上高(m):0.160

シート高(m):0.780

車両重量(kg):104

乾燥重量(kg):92

乗車定員(人):2

燃費(km/L):60.0(50km/h定地走行テスト値)

登坂能力(tanθ):0.43(約23度)

最小回転半径(m):2.0

エンジン型式:HC04E・水冷2サイクル単気筒

排気量(cm3):79

圧縮比:7.3

最高出力(PS/rpm):12/9,000

最大トルク(kg-m/rpm):0.97/8,500

キャブレター型式:PF26

始動方式:プライマリーキック

点火方式:無接点式CDI

潤滑方式:分離潤滑式

潤滑油容量(L):1.2

燃料タンク容量(L):12

クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング

変速機形式:常時噛合式6段リターン

変速比:

 1速 3.545

 2速 2.333

 3速 1.722

 4速 1.380

 5速 1.173

 6速 1.041

減速比:4.117

キャスター(度):25°30′

トレール(mm):73

タイヤサイズ:

 前 2.75-18-4PR

 後 3.00-18-6PR

ブレーキ形式:

 前 油圧式ディスク

 後 機械式リーディングトレーリング

懸架方式:

 前 テレスコピック

 後 スイングアーム(プロリンク)

フレーム形式:セミダブルクレードル

当時の発売価格:22万8000円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 昭和スポーツミニ、ホンダ MBX50|7.2→5.6→7.2馬力の変遷。