今や日本の自動車販売台数でトップの多くを占めるスーパーハイトワゴン。そこに日産は満を持して新型ルークスを投入してきた。王者N-BOXをはじめとして、有力なライバルも多く、実力派が揃っている。ここではそんなライバルたちとともに俎上に載せ、ユーティリティやスペックを写真と数字で横比較してみたい。



REPORT●青山尚暉(AOYAMA Naoki)

PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)

※本稿は2020年4月発売の「日産ルークスのすべて」に掲載されたものを転載したものです。

ROOX Highway STAR Gターボ プロパイロットエディション

先代よりもホイールベースを65mm伸ばし、安定感のあるフォルムと広大な室内空間を実現。Bピラーの位置が前方に移動したことでスライドドア開口部が広くなり、乗降性も向上している。

全長:3395mm

全幅:1475mm

全高:1780mm

ホイールベース:2495mm

ミラー to ミラー:1835mm

開口高:560mm

ミニバンのような上質感と使い勝手の良さを実現。前方視界の見開き角が広く、見晴らしの良さも抜群だ。オーソドックスな二眼メーターの中央には多機能カラーマルチディスプレイを装備。プロパイロットの設定操作にも対応する。

BR06型エンジンは、高速の追い越しや上り坂などでもスムーズな加速を実現。スマートシンプルハイブリッドも備わり、減速エネルギーで充電を行なう。
「ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション」は専用の15インチアルミホイールを装備。
リヤシート高:720mm
フロントシート高:690 ~700mm

「ハイウェイスター」系はエボニーのトリコットシートを装備。着座位置が高く、遠くまで気持ち良く見通せる。後席には320㎜のロングスライド機構を採用。前席とのニークリアランスは最大で約400㎜、頭上空間は約170㎜と広い。

【通常時】高さ:1075mm 奥行き:355mm

【後席格納時】最小幅:880mm 奥行き:1470mm

後席のロングスライドは荷室側からも簡単に操作できて、フロア奥行きを675㎜まで拡大できる。 5対5分割可倒機構は背もたれを倒すだけのシンプルな操作に改められ、使い勝手を向上。

全長×全幅×全高(㎜):3395×1475×1780

室内長×室内幅×室内高(㎜):2200×1335×1390

ホイールベース(㎜):2495

トレッド(㎜):(前・1300)(後・1290)

車両重量(㎏):1010

エンジン型式:BR06

エンジン種類:直列3気筒DOHCターボ

ボア×ストローク(㎜):62.7×71.2

総排気量(㏄):659

エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm) :47[64]/5600

エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):100[10.2]/2400-4000

燃料供給装置:電子制御燃料噴射装置

燃料タンク容量(ℓ):27(レギュラー)

モーター型式:SM21

モーター最高出力(kW/rpm):2.0/1200

モーター最大トルク(Nm/rpm):40/100

トランスミッション形式 CVT

変速比:(前進・2.411〜0.404)(後・2.295)

最終減速比:7.319

駆動方式:FF

サスペンション:(前・ストラット)(後・トーションビーム)

ブレーキ:(前・ベンチレーテッドディスク)(後・リーディングトレーリング)

タイヤ・サイズ:165/55R15

最小回転半径(m):4.8

WLTCモード燃費(㎞/ℓ) :18.8

車両本体価格:193万2700円

N-BOX Custom G・EXターボ Honda SENSING

新型ルークスを上回る、長いホイールベースと高い全高により、広大な室内スペースを確保。どこから見ても四角いフォルムと癒し系のフェイスデザインも長く人気を保つ秘訣だ。

全長:3395mm

全幅:1475mm

全高:1790mm

ホイールベース:2520mm

ミラー to ミラー:1830mm

開口高:430mm

上下二段のインパネにこんもりしたメーターフ ードを重ねた多層構造が印象的。触感に優れたソフトパッドを多用し、高い質感を実現している。予防安全装備のHonda SENSINGは全車に標準装備。ACCは約30㎞/h以上で作動する。

バルブタイミングとリフト量を可変制御するVTECとVTCを搭載したS07B型エンジンを搭載。アイドリングストップは全車に標準装備される。
カスタムターボ車は、ブラック塗装と切削加工が施された15インチアルミホイ ールを標準装備する。
リヤシート高:700mm
フロントシート高:680~720mm

カスタムのターボ車は、ブラック×バーガンディー仕様のプライムスムース&トリコットコンビシートを装備。後席はスライドと座面のチップアップを両立し、一番前にスライドさせてもニークリアランスは約250㎜と余裕がある。

【通常時】高さ:1170mm 奥行き:400mm

【後席格納時】最小幅:900mm 奥行き:1500mm

開口高が極めて低く、自転車のように丈があって嵩張る荷物も積み込みやすい。後席を前にスライドさせると奥行きは600㎜まで拡大。5対5分割のワンタッチダイブダウン機構も備わる。

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高(㎜):3395×1475×1790

室内長×室内幅×室内高(㎜):2240×1350×1400

ホイールベース(㎜):2520

トレッド(㎜):(前・1295)(後・1295)

車両重量(㎏):960

エンジン型式:S07B

エンジン種類:直列3気筒DOHCターボ

ボア×ストローク(㎜):60.0×77.6

総排気量(㏄):658

エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm) :47[64]/6000

エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):104[10.6]/2600

燃料供給装置:電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)

燃料タンク容量(ℓ):27(レギュラー)

トランスミッション形式:CVT

変速比:(前進・3.152~0.577)(後・2.958~1.532)

最終減速比:4.619

駆動方式:FF

サスペンション:(前・ストラット)(後・車軸式)

ブレーキ:(前・ベンチレーテッドディスク)(後・リーディングトレーリング)

タイヤ・サイズ:165/55R15

最小回転半径(m):4.7

WLTCモード燃費(㎞/ℓ) :20.2

車両本体価格:199万6500円

TANTO CUSTOM カスタム RS

新型ルークスやN-BOXより全高は低いが、フロアを低く設計することで室内の広さを確保。ミラクルオープンドアや運転席ロングスライドなど、タントにしかない独自の魅力も健在だ。

全長:3395mm

全幅:1475mm

全高:1755mm

ホイールベース:2460mm

ミラー to ミラー:1835mm

開口高:580mm

ほとんどの構成パーツがビシッと直線でデザインされたインパネ。速度計にはデジタルメータ ーを採用する。予防安全装備のスマートアシストは全車に標準装備。全車速追従機能付きACCはターボ車にのみオプション設定される。

長い実績を誇るKF型を改良し、半球型燃焼室を採用した新開発エンジンを搭載。従来よりも変速比幅を拡大したD-CVTと組み合わせ、実用燃費を向上。
最上級グレードでもある「カスタムRS」は、表面の切削加工を施した15インチアルミホイールを装備する。
リヤシート高:730mm
フロントシート高:670~690mm

「カスタムRS」はファブリックとソフトレザー調素材のコンビシートを装備。グレード別に運転席と助手席のロングスライド機構が備わり、使い勝手を高めている。後席にも一部を除いて左右分割ロングスライド機構が備わる。

【通常時】高さ:1070mm 奥行き:260mm

【後席格納時】最小幅:900mm 奥行き:1500mm

一部を除いて装備される後席の左右分割スライド機構を使えば、フロアの奥行きは約500㎜まで拡大。背もたれを倒すだけのワンモーション格納も採用され、簡単にフロアを拡大できる。

全長×全幅×全高(㎜):3395×1475×1755

室内長×室内幅×室内高(㎜):2180×1350×1370

ホイールベース(㎜):2460

トレッド(㎜):(前・1300)(後・1295)

車両重量(㎏):920

エンジン型式:KF型

エンジン種類:直列3気筒DOHCターボ

ボア×ストローク(㎜):63.0×70.4

総排気量(㏄):658

エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm) :47[64]/6400

エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):100[10.2]/3600

燃料供給装置:EFI(電子制御式燃料噴射装置)

燃料タンク容量(ℓ):30(レギュラー)

トランスミッション形式:CVT

変速比:(前進・3.316-0.501)(後・5.665-2.540)

最終減速比:5.444

駆動方式:FF

サスペンション:(前・ストラット)(後・トーションビーム)

ブレーキ:(前・ベンチレーテッドディスク)(後・リーディングトレーリング)

タイヤ・サイズ:165/55R15

最小回転半径(m):4.7

WLTCモード燃費(㎞/ℓ) :20.0

車両本体価格:178万2000円

SPACIA Custom HYBRID XSターボ

ボディサイドにドアがくっきりと浮かび上がり、アタッシュケースのような水平のキャラクターラインが入ったデザインが特徴。タントに比べると全高は少し高く、室内空間も十分に広い。

全長:3395mm

全幅:1475mm

全高:1785mm

ホイールベース:2460mm

ミラー to ミラー:1850mm

開口高:520mm

外観と同様、インパネにも水平基調のデザインを採用。あまり目立たないように収納類を配置し、すっきりとした見た目と実用性を両立している。デュアルセンサーブレーキサポートや後退時ブレーキサポートは全車に標準装備。

全車R06A型エンジンにISG(モ ーター機能付き発電機)を組み合わせたマイルドハイブリッドを採用。エンジン出力のアシストや回生ブレーキに対応する。
カスタムの「HYBRID XS」系は緻密なスポークに切削処理を加えた15インチアルミホイールを装備。
リヤシート高:700mm
フロントシート高:690~730mm

カスタムの「HYBRID XS」系は一部レザー調のファブリックシートを装備。助手席シートバックの前倒し機能が備わるのも特徴だ。後席の左右独立スライド機構は全車に標準装備。ニークリアランスは約130~330㎜の間で調整できる。

【通常時】高さ:1070mm 奥行き:260mm

【後席格納時】最小幅:900mm 奥行き:1500mm

後席のスライド機構を使うとフロア奥行きは約520㎜まで拡大。ワンタッチダブルフォールディングで格納も手間なしだ。開口部には自転車のタイヤを通すのに便利な溝が掘られている。

全長×全幅×全高(㎜):3395×1475×1785

室内長×室内幅×室内高(㎜):2155×1345×1410

ホイールベース(㎜):2460

トレッド(㎜):(前・1295)(後・1300)

車両重量(㎏):900

エンジン型式:R06A型

エンジン種類:直列3気筒DOHCターボ

ボア×ストローク(㎜):64.0×68.2

総排気量(㏄):658

エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm) :47[64]/6000

エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm)98[10.2]/3000

燃料供給装置:EPI(電子制御燃料噴射装置)

燃料タンク容量(ℓ):27(レギュラー)

モーター型式:WA05A

モーター最高出力(kW/rpm):2.3[3.1]/1000

モーター最大トルク(Nm/rpm):50[5.1]/100

トランスミッション形式:CVT

変速比:(前進・2.386-0.426)(後・2.505)

最終減速比:6.512

駆動方式:FF

サスペンション:(前・ストラット)(後・トーションビーム)

ブレーキ:(前・ベンチレーテッドディスク)(後・リーディングトレーリング)

タイヤ・サイズ:165/55R15

最小回転半径(m):4.6

WLTCモード燃費(㎞/ℓ) :25.6

車両本体価格:182万500円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 日産 新型ルークスとホンダ・N-BOX、ダイハツ・タント、スズキ・スペーシアと徹底比較!〈インパネ/シート/ラゲッジスペース/スペックetc……〉