yahoo

元祖ハチロクに積まれた名機「トヨタAE86系 4A-G」 〜エンジン組みのポイント紹介〜

2020.03.01 07:00
rss MotorFan
乗り物
コメントする
回し切れる排気量と高回転型のフィーリングが人気のトヨタ4A-G。フルチューンすれば別物のパワー&高回転特性のユニットに生まれ変わるが、近頃は“そこそこチューン”の要望も高まっていると聞く。そこでハチロク専門店のエキスパートOZにお邪魔して、組み付け中の4A-Gのポイントを紹介してもらう
(上)AE101用フルカウンター。(下)AE86用4ウエイト。4A-G用のクランクは大きく分けると2種類ある。初期のAE86用は、“カウンターウエイト”が4つしかない“4ウエイトタイプ”で、その後のAE92用以降は各気筒にカウンターウエイトがある“フルカウンタータイプ”となっている。
 4A-Gエンジンは大きく4種類あり、初期のAE86用はNAのみ、次のAE92からFFになり補機類のレイアウトが変わるが、ブロックは同じ構成で、スーパーチャージャーモデルに合わせて肉厚を増して頑丈になっている。
 その後のAE101用と最終のAE111用は再度NAのみとなったため軽量化のため肉厚も控えめになり、細かい改良が加えられた。用いられる多くは、剛性が高くハイチューンにも耐えるAE92(前期)用をベースに組み上げ、加工的にはオーバーサイズピストンに合わせてボーリングする程度。レースで最速とかを狙うのでなければそれで充分だそうだ。
 詳しく知りたい方は2020年2月発売のG-ワークス4月号をご覧下さい♪
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間