純正よりもアッパーな装いを手に
ハリアーを超えるハリアーへ【外装編】

Grazio&Co./80HARRIER
グラージオ・シーオー/80系ハリアー

80系ハリアーは、カスタムシーンでいま最も注目度が高いクルマの1つ。そのハリアーに向け、純正然とした高級感にこだわり続ける孤高のブランド、グラージオ・シーオーがパーツリリースをスタートさせた。
グラージオ 80系 ハリアー パーツ エアロ 高級感


カラード化&ブラックアウトでスマートなエクステリアに
「指摘の出来ない美学」をコンセプトに純正然を追求するグラージオ・シーオーが用意した80ハリアー用の外装メニュー。ハリアーは、SUVらしさを表現する手段としてバンパーやサイド下部などに黒シボ素地を採用する。

そのザラッとしたシボをプレーン化し、ブラックやボディ同色化することで、純正を超える高級感を導き出すのが「SHIBOTORI PLAN」。さらに「BLACKOUT PLAN」によってグリルやバンパーなどのメッキ部をブラックアウトし、色数と輝きを抑えることで、スタイリングのシャープさを強調。

これぞ純正然の姿だ。


グリルとバンパーのメッキ部をブラックアウト。これだけでマスクが引き締まる。さらにロアグリル、ナンバーベースのシボをなくしスピンドルブラックで塗装。ドアミラーは下半分のシボを取りボディ同色化。純正よりも数段ブラッシュアップされたスタイリングとなっている。


リアはウインカー上のメッキガーニッシュ、エンブレムベース、ナンバーベースをボディ同色化。TマークエンブレムとHARRIERロゴエンブレムをブラッククロームで統一。余計な色が一切ないカラーコーディネイトによって本来のスタイリングが際立っている。

「“純正よりも純正らしい”に納得! 80系ハリアーのプレミアム感を引き上げるグラージオのこだわりパーツ【外装編】」の1枚めの画像グラージオパーツ装着

「“純正よりも純正らしい”に納得! 80系ハリアーのプレミアム感を引き上げるグラージオのこだわりパーツ【外装編】」の1枚めの画像ドアミラー下半分のシボを取りボディ同色にしたもの。フロントから見た時の印象が大きく変わる。


【PARTS SPECIFICATION】
1 ソリッドカラーエンブレム(ブラッククローム) 3万円
2 SHIBOTORI PLAN カラードロアグリル360° 2万9000円(2万円)
3 SHIBOTORI PLAN カラードナンバーベース(スピンドルブラック) 1万円(9000円)
4 カラードバンパーガーニッシュ ロア(スピンドルブラック) 2万9000円
5 カラードバンパーガーニッシュ アッパー(スピンドルブラック) 2万9000円
6 SHIBOTORI PLAN カラードドアミラーASSY 360° 18万円(3万4000円)
7 LEDフォグランプ(イエロー) 1万8000円
ソリッドベースforピラーガーニッシュ 5800円
LEDウェルカムドアハンドルユニット(クロームメッキ) 10万4000円
※( )内は純正下取りプランの価格


【PARTS SPECIFICATION】
8 ソリッドカラーエンブレム GR Ver.トヨタマーク(ブラッククローム) 9600円
9 ソリッドカラーエンブレム HARRIERロゴ(ブラッククローム) 5400円
10カラードエンブレムベース(ホワイトパール) 6800円
11カラードナンバーベース リア(ホワイトパール) 1万円
12 T-SPORTエンブレム(ホワイト) 4400円
13カラードバンパーガーニッシュ ロア(ホワイトパール) 3万4000円

【DEMO CAR SPECIFICATION】
ホイール:カールソン1/10X(21×9.0+40)
タイヤ:トーヨー プロクセスFD1(245/40-21)

問:グラージオ・シーオー 045-929-6520
http://www.grazio-co.com

スタイルワゴン2021年1月号より


[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「“純正よりも純正らしい”に納得! 80系ハリアーのプレミアム感を引き上げるグラージオのこだわりパーツ【外装編】