関東は来週にかけては気温のアップダウンが大きく、暖かい日もあれば、晩秋の寒さもあるでしょう。12月になると冬の寒さが到来しそうです。

●連休明けは晩秋の寒さも

23日(月、勤労感謝の日)にかけては最高気温は平年より高いでしょう。極端な暖かさはないものの、日中は日差しが暖かく感じられそうです。連休明け24日(火)と25日(水)は平年並みの気温になるでしょう。最高気温は15℃くらいまでしか上がらず、日中も上着が必要になりそうです。昨日まで汗ばむくらいの陽気の日が続いていたため、急な寒さで体調を崩さないようお気をつけ下さい。
まだ、予想に幅がありますが、27日(金)は雨が降り、一段と寒くなる可能性があります。来週は日々の気温の変化が大きくなりますので、服装で上手に調節して下さい。

●冬の寒さの到来は?

気象庁の2週間気温予報では、再来週(11月29日(日)頃~)は平年より気温が低くなり、冬らしい寒さの日が多くなるでしょう。
東京都心などでも最低気温は5℃くらいまで下がり、冷え込む日も増えてきそうです。最高気温も15℃に届かない日が多くなり、コートの出番が多くなるでしょう。冬支度を進めておくと良さそうです。