三井E&S<7003>は大幅続落。前日に21年3月期の決算を発表、営業損益は122億円の赤字で、ほぼ会社計画線上での着地となっている。一方、22年3月期は50億円の黒字に転じる見通し。三井海洋開発の業績改善などが背景となるようだ。ただ、船舶事業は赤字継続見込みで、エンジニアリング事業は赤字に転じる見通し。全体の回復度合いは市場の期待値には達していないもよう。 <ST>

情報提供元 : FISCO
記事名:「 三井E&S---大幅続落、今期黒字転換見通しも市場の期待は下振れ