銘柄名<コード>12日終値⇒前日比
カチタス<8919> 2951 -204
特に材料も見当たらず需給要因が中心か。

セレス<3696> 2509 -100
ビットコイン価格の下落が響く形に。

SHIFT<3697> 11840 -560
引き続き第1四半期減益決算をネガティブ視。

エフオン<9514> 1241 -37
再生エネ関連の一角が軟調な動きに。

日本M&Aセンター<2127> 6160 -350
一目均衡表雲下限割り込むなどテクニカル悪化。

三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306> 494.3 +7.9
米長期金利の上昇傾向が継続で。

日本電産<6594> 14305 +280
マッコーリー証券では投資判断格上げのもよう。

ルネサスエレクトロニクス<6723> 1209 +60
半導体関連は総じて買い優勢の流れに。

加地テック<6391> 7900+1000
水素関連の小型株として上値追いが続く。

篠崎屋<2926> 146 +18
低位材料株の一角として先週末急動意の流れに追随。

鉄人化計画<2404> 262 +26
売り方の買い戻しが主導の展開に。

那須電機鉄工<5922> 13620 +2060
5G関連などテーマ性豊富で高値奪回の動きへ。

トーヨーアサノ<5271> 1937 +287
第3四半期の大幅増益決算を好感。

タカトリ<6338> 749 +69
半導体関連の小型株として上値追い続く。

グローバルダイニング<7625> 199 -24
先週末に急伸の反動で戻り売り。

天昇電気工業<6776> 631 -85
先週の株価上昇で戻り売りが優勢。

ジー・スリーホールディングス<3647> 270 -27
引き続き過熱感からの利食い売りが優勢。

サーバーワークス<4434> 4895 +635
15日付で東証1部に市場変更へ。

旭化学工業<7928> 725+100
21年8月期予想を上方修正、営業利益は2.20億円から4.50億円に引き上げ。

ユニフォームネクスト<3566> 1401 +10
12月の月次業績を発表、売上高は前年同月比20.8%増と堅調。

ジーダット<3841> 1826 +293
東京工業大学とのアナログLSI自動配線の共同研究開始について公表。

ニューテック<6734> 2285 -490
第3四半期決算の失速を嫌気。

フルッタフルッタ<2586> 308 +80
短期資金の関心続く。

ブロッコリー<2706> 1378 -92
想定内ながら第3四半期の失速感で売りが先行。

細谷火工<4274> 1481 +136
「米の衛星群構想参加へ」等、各種報道散見で防衛関連株に物色との見方。

メディア<3815> 352 +8
第1四半期の営業利益は前年同期比38.3%増の0.04億円で着地。

ファンペップ<4881> 674 +9
ペプチド結合予測の共著論文が優秀プレゼン賞を受賞。





<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「前日に動いた銘柄 part2 日本電産、加地テック、那須電機鉄工など