買収により評判構築を収益創出につなげる同社の専門性を広げ、テクノロジー業界のCMOにより高い投資収益率を提供

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 卓越したグローバルなテクノロジー・コミュニケーション・コンサルティング会社として認知されているホットワイヤは、5兆2000億ドル規模のテクノロジー業界を専門とする戦略的B2B営業・マーケティング企業であるマクドナルド・バトラー・アソシエイツ(MBA)を買収しました。



ホットワイヤの受賞歴のあるコミュニケーションの専門性とMBAの特化した営業・マーケティングの専門性を組み合わせて、短期的な営業成果と長期的なブランド構築の両面でCMOを支援していきます。両社間のシナジー効果として、テクノロジー業界における強固な顧客基盤や、統合型コミュニケーション・プログラムを推進するための洞察、戦略、クリエイティブの各チームへの多大な投資などが期待できます。また両社は、アドビ、シトリックス、デル・テクノロジーズなど数社の共通顧客を有しています。

ホットワイヤのグローバル最高経営責任者(CEO)のバーバラ・ベイツは、次のように述べています。「テクノロジー企業のCMOは、今すぐ成果を出すと同時に未来に向けたブランド構築に継続的に取り組むことを迫られています。ホットワイヤは、MBAのアカウント・ベースト・マーケティングとチャネル・マーケティングの広範な経験を取り入れることにより、ブランドの評判を構築し、ステークホルダーとの関係を強化し、収益増大を実現するためのこれまでにない水準のコミュニケーション・プログラムを提供していきます。」

この投資により、ホットワイヤの顧客は、アカウント・ベースト・マーケティング、業界マーケティング、チャネルおよびアライアンスのプログラムといった新しいスキルやサービスを利用できるようになります。MBAの顧客は、ブランド開発、メディア・リレーションズ、コーポレート・コミュニケーション、コンテンツ・マーケティングやソーシャル・メディア・マーケティングに関するより深い専門性を含む一層広範なコミュニケーション領域を提供するグローバルなネットワークを利用できるようになります。今後期待できる機会の詳細については、ホットワイヤのポッドキャストHotTakesの最新エピソードでお聴きいただけます。

2005年に英国で設立されたマクドナルド・バトラーは、アクセンチュア、アドビ、AWS、シトリックス、デル・テクノロジーズ、デロイト、DXCテクノロジー、ハネウェル、IBM、ペガシステムズ、PWCなど、テクノロジー業界の多彩な顧客をサポートしています。

MBAのミーブ・マクドナルド最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「今回のことは、MBAのお客さまにとっても当社チームにとっても大いに期待できる機会です。MBAもホットワイヤも、テクノロジー企業がビジネスやコミュニケーションに関する緊急の課題を解決できるよう支援することに注力してきました。今回のことで、世界中のお客さまに広範なコミュニケーション、リード創出、デジタル・マーケティングのサービスを提供できる大きな機会を手に入れました。」

MBAの創立者であるミーブ・マクドナルドおよびマイク・バトラーは今後、それぞれ英国のアカウント・ベースト・マーケティング担当マネジングコンサルタントおよびマーケティング担当の役割を担い、英国のマネジングディレクターでグローバル・リーダーシップ・チームのメンバーのタラ・オドネルに直属します。両社のチームを合わせてホットワイヤの従業員数は英国で100人以上、世界全体で300人以上となります。

今回の発表は、先日PRovoke Mediaの2020年グローバル・テクノロジー企業・オブ・ザ・イヤーに認定されたことにも表れているホットワイヤの業界における継続的な指導的立場と、20年以上にわたりあらゆる規模のテクノロジー企業のために積極的な行動を推進してきた実績を基盤としています。買収のための投資はホットワイヤの親会社でマーケティングとコミュニケーションの専門企業ネットワークのエネロ・グループ(ASX:EGG)が拠出しました。

エネロ・グループのブレント・スクリムショー最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「MBAの買収は、当グループの強い勢いと野心だけでなく、中心的な企業ブランドの規模と追加デジタル対応力を構築するグローバル戦略を実行するという堅固な意志も反映しています。ホットワイヤは既に世界有数のテクノロジー専門コミュニケーション企業として高く評価されており、MBAの特化した営業・マーケティングの専門性と補完的な顧客基盤を取り入れることで今後新しい成長機会が拓かれると確信しています。」

ホットワイヤについて

ホットワイヤは、グローバルなテクノロジー・コミュニケーション・コンサルティング会社です。2000年に設立され、完全所有のオフィスとパートナーの世界的ネットワークを運営し、スケールアップ企業から確立された多国籍企業まで、幅広いクライアントにサービスを提供しています。当社は、好奇心を刺激し、行動を引き起こし、成功を促す統合されたコミュニケーションを通じて、革新的なテクノロジーの可能性を解き放ちます。それを行う上で、当社は堅固な洞察と戦略、目的を持った創造性、統合された計画、測定と評価の重視に支えられた独自の手法を活用しています。

エネロについて

エネロ・グループは、マーケティングとコミュニケーションの専門企業ネットワークでオーストラリア証券取引所に上場しています(ASX:EGG)。当グループには、クリエイティブ代理店のBMF、PR代理店のホットワイヤとCPR、リサーチ・コンサルティング会社のザ・リーディング・エッジとザ・デジタル・エッジ、デジタル広告代理店のオーチャード、プログラマティック・マーケティング専門会社のOBMediaが含まれます。

詳細情報については、www.enero.comをご覧ください。

マクドナルド・バトラーについて

マクドナルド・バトラー・アソシエイツは、テクノロジー業界向けのアカウント・ベースト・マーケティング、チャネルおよびアライアンス、業界・需要プログラムを専門とする戦略的B2B営業・マーケティング企業です。戦略的な洞察とクリエイティブな理解を統合させることにより、オーディエンス・エンゲージメントの促進、より強固な関係の構築、売上の加速を図ります。世界最大級の特に革新的なB2B企業と協力し、ROIに焦点を合わせたキャンペーンを実施してきた実績を誇ります。

マクドナルド・バトラーは、善を推進する力としてのビジネスを熱心に追求しています。メロン・エデュケートペニーズを積極的にサポート・支持しており、社会還元活動の一環として、毎年、利益と時間の一部を寄付しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contact:
Lindsey Hill (UK)
Lindsey.hill@hotwireglobal.com

Krissie Vitasa (AUS)
krissie.vitasa@hotwireglobal.com

Kelsey Quickstad (US)
kelsey.quickstad@hotwireglobal.com

情報提供元 :
記事名:「 ホットワイヤがマクドナルド・バトラー・アソシエイツを買収し、テクノロジー・コミュニケーション・コンサルティングの有力企業としての地位を強化