北京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 今年のチベットの正月は、春節と同じ日です。長く厳しい冬が緩み始めると、色とりどりの春が静かにやって来ます。


パンチェン・ラマ11世のBainqen Erdini Qoigyijabu氏は金曜日に、中央広播電視総台(CMG)と中国西蔵網を通じて、春節とチベットの鉄丑年の両方について、国内外のすべてのチベット人に心からの祝辞を述べました。

昨年を振り返り、Erdini Qoigyijabu氏は中国がパンデミックに直面しつつも困難を克服したことを肯定しました。「国全体が団結して皆が心を一つにして協力し、COVID-19パンデミックの予防と制御で優れた成果を達成しました。これは世界中で大きな注目を集めています。」

「このパンデミックから、私たちは生命の貴重さをさらに理解しました。健康、平和、幸福は、人間の生活の中で最も貴重な財産です。このパンデミックにより、私たちは、すべての人々が共通の未来を持つコミュニティーに暮らしていることもさらに理解しました。」

Erdini Qoigyijabu氏は、人類にとっての共通の未来を持つコミュニティーの重要性についての理解も表明しました。

Erdini Qoigyijabu氏は、チベットの貧困の歴史的な緩和と、この地域で平和と満足の中で暮らし働いている人々について語り、国への心からの謝意を表しました。「今日の新しいチベットを見ることができて非常にうれしいです。輝かしい時間と幸せな故郷は自然からの贈り物ではありません。私たちは祖国と、私たちのために犠牲をいとわない何千人もの人々に引き続き感謝する必要があります。」

最後に、Erdini Qoigyijabu氏は全国の人々に新年の祝辞を述べました。「世界平和、この国の繁栄、人々の平和な暮らし、良い天気、すべての生き物の楽しい暮らしを共に願い、祈りましょう。新しい年に、すべての人とすべての家族が幸せで、安全で、健康に暮らし、新たな収穫が得られるよう願っています。」

ロサルとして知られるチベットの正月は、チベット暦で最も重要な祝日です。

高原でチベットの正月のロサルを祝う

ロサルは漢民族の春節とほぼ同じです。

チベットの正月は、チベット暦に基づいて計算されます。チベット暦の1月1日から始まり、15日で終わります。今年は2月12日です。

もともとは収穫祭だったこの祝日は、唐代(618-907)の文成公主が当時のチベット王ソンツェン・ガンポと結婚し、漢民族の文化を中国南西部にもたらした後に、徐々に新年の初めとなりました。

チベットの人々と高原でチベットの正月を探索している人々に、明けましておめでとうございます!

発展を続けるチベット

この地域は青海チベット高原に位置し、道路建設には複雑な地理的条件であり、技術と資金も限られるため、長い間、輸送がチベットの開発を阻害するボトルネックでした。

2012年後半から、中国はチベットへのインフラ投資を強化してきました。これまでに、この地域の郷級の行政機関の95パーセントと、法人化されている村の75パーセントで道路が通っています。チベットの道路網は現在11万7000キロメートルを超えており、2015年末から50パーセント拡大しています。

航空輸送に関しては、チベットは計130本の航路を有しており、航空便で61都市と結ばれています。2020年には、518万件の旅客移動が記録されました。

チベットの発展は、十分なデータに基づいています。

中央政府の強力な支援と地元住民の積極的な支援により、チベット経済は着実に発展しています。

2018年に、チベットのGDP成長率は中国で最高の10パーセントを記録しました。

2021年2月に地方政府が公表した活動報告書によれば、チベットは2020年に7.8パーセントの成長率を達成して中国の31の省級地域をリードし、南西部の貴州省(4.5パーセント)と雲南省(4パーセント)がそれに続きました。

2021年のチベットのGDP成長目標は9パーセント以上ですが、貴州省と雲南省の目標は約8パーセントに設定されています。

原記事:こちら

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:
Jiang Simin
jiang.simin@cgtn.com
+86 18826553286

情報提供元:
記事名:「CGTN:チベットの宗教指導者が春節とチベットの正月の祝辞を述べる