皮膚疾患向けの医療用医薬品や、赤ちゃんにも使える薬用歯みがきを製造および販売するゾンネボード製薬株式会社はこのたび、働く手のために開発した指定医薬部外品 携帯用消毒スプレー「YASIORI(ヤシオリ)」を、2020年11月13日(金)よりインターネット通販サービス「LOHACO(ロハコ)」にて先行販売を開始しました。

先行販売後、12月以降に順次全国の取扱店、および、ECサイトにて販売を開始します。

【調査結果】約2人に1人が打ち合わせ後や商談前に「手指除菌」
このたびの発売に際して、20~40代の働く男女500名(性年代別に均等割付)を対象とした「働くシーンでの除菌に関する調査」を実施しました。
仕事中に「除菌」を実践しているシーン(除菌スプレー・ジェルなどで手指のケアをしているシーン)を調べたところ、「食事の前」(78%)がトップ。
また、約2人に1人が「会議室などでの打ち合わせ後」(54%)や「訪問しての商談前」(53%)といった、仕事でよくあるシーンでの除菌を実践していることもわかりました。
多くの人が除菌への気配りをしている中で、ビジネスでの除菌に関する意識をいくつかのポイントに分けて質問しました。すると、「働くシーンでの除菌は、もはや“エチケット・マナー”だと思う」は95%が、「働くシーンでの除菌は、もはや“新常識”だと思う」は90%が「そう思う」と回答。
いずれも「とてもそう思う」と回答した人が5割前後と、強く意識されている様子が読み取れます。

除菌アイテムの使い心地、二大不満は がさつき&べたつき…成分への不安も
除菌アイテムの「使用感についての不満」を聞くと、「手指の乾燥・がさつき」(31%)がトップ、次いで「べたつき」(19%)と、使用後の質感についての不満が挙がっています。

日々多くのシーンで使用するアイテムにもかかわらず、がさつきに関しては約3人に1人、べたつきに関しては約5人に1人と、多数の人が不満を抱えている実態が明らかになりました。

加えて、「除菌アイテムへの不安」を聞いたところ、「除菌・消毒などとして示されている成分が適しているかどうか」(78%)、「効果があるかどうか」(77%)と、成分に関連した懸念を約8割の人が抱いていることが判明。
また、「使用することでの影響(手荒れ・がさつきなどの影響)」(73%)など、使用感への不満が、アイテムを使用することへの不安にもつながっている様子がうかがえます。

携帯用消毒スプレー「YASIORI(ヤシオリ)」
手指用の携帯用消毒スプレー「YASIORI(ヤシオリ)」は、誰にとっても日常であった「会う」「話す」「接する」シーンに生まれつつある不安と、それにより思うように活動できなくなってしまった方々に、自分らしく活動してほしいという願いから生まれたブランドです。
手のがさつきやべたつきといった除菌アイテムの不満になりがちだった点を解消すべく、「さっぱり」と「しっとり」の2つの使い心地を展開。
ミニマルでビジネスシーンにも親和性の高いデザインを採用しました。

べたつかず、さらっとした使い心地の「さっぱり」タイプは、PCやスマホを触る機会の多い方に。
秋冬でも使える肌に優しい使い心地の「しっとり」タイプは、かさつきやすく、乾燥が気になる方におすすめです。
ご自身のライフスタイルやお好みに合わせてお選びください。

【参考】
※YASIORI 公式サイト
https://www.zonnebodo.co.jp/yasiori/

※LOHACO販売サイト
・さっぱりタイプ
https://lohaco.jp/product/U226664/

・しっとりタイプ
https://lohaco.jp/product/U226666/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「2つの使い心地から選べる 携帯用消毒スプレー「YASIORI(ヤシオリ)」新発売