1952年創業。個性あふれる店舗を展開
「ビフテキの南海グリル」を運営する株式会社南海グリルが「オリジナルアイスクリーム プレミアムバニラ」(1000円)を発売しました。

「ビフテキの南海グリル」は1952年12月に洋食屋として創業。厳選された産地直送の宮崎牛を熟成から加工調理まで自社で一貫して行っており、常に最高の条件で最上の料理を提供することにこだわっています。

本格的な鉄板焼をリーズナブルに楽しめる堺駅店、ヨーロッパを思わせるインテリアの東店など提供する料理や演出が異なる5店舗を展開。

中でもドイツのエッセンスを加味した合掌造り風の建物が特徴の中店は、約180センチの鉄板を3台並べた開放的なカウンター席や落ち着いた大人の時間を過ごせる地下のラウンジコーナーなどを完備しており、南海グリルの顔とも言えるお店となっています。

口溶けの秘密は、黒毛和牛の牛脂
今回発売された「オリジナルアイスクリーム プレミアムバニラ」は、中店地下のラウンジコーナーでデザートとして提供されているもの。

あのラウンジで食べた味が忘れられないという多くの声にこたえ、お店の味を家庭でも味わってもらうために3年の歳月をかけて発売にいたりました。

たまご本来の甘みとコクが特徴の「オリジナルアイスクリーム プレミアムバニラ」は、宮崎黒毛和牛の牛脂を使用することで乳脂肪だけでは出せない口溶けの良さを実現。上質なアイスクリームに仕上がっています。

※価格は税別

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社南海グリルのプレスリリース/PR TIMES
https://prtimes.jp

※株式会社南海グリル
http://www.nankai-grill.co.jp/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「【大阪】約3年の歳月をかけ、あの老舗レストランのデザートがご家庭に!