日を増すごとに蒸し蒸しと夏の様相を呈してきましたが、そんな日本の夏に欠かせないアイテムといえば蚊取り線香もその一つ。

お香とは違った独特の香り、ユラユラと流れゆく白煙、そしてグルグルと渦巻くフォルム……。全ての構成要素がさり気なく夏の到来を感じさせてくれる案外風流なものですが、そんな蚊取りの雰囲気を増幅させてくれる蚊取り線香ホルダーが誕生。

Mosquito coil holder ¥12980

手掛けたのは、東京発のガレージアウトドアブランド「Peregrine Design(ペレグリンデザイン)」と、インテリアやお店の内装を手掛ける「Ten artworks(テン アートワーク)」。木工のファニチャー作りを得意とする職人的ブランド同士のコラボによって生まれた蚊取り線香ホルダーは、もはや工芸品と呼ぶにふさわしい出色の出来栄えです。

一見すると伝統的な組木細工のようにも見えるこちらは、両社の周りのスケーターたちから回収した使い古したスケートボードのデッキを貼り合わせ、それを切り出しお皿状に加工したもの。

スケートボードデッキを幾重にも重ねてできた木塊から一枚一枚手作業で切り出され整形されて作られており、そんな工程を考えれば、蚊取り線香ホルダーとしては高価に感じるこのプライスにもなるほど納得がいきます。

そんな到底蚊取り線香ホルダー作りとは思えない過程を送って出来上がったお皿にはカラビナフックが取り付けられ、ボルトで挟み込むことで蚊取りをホールドする仕様。

置いて使えるほか、先端のカラビナで吊り下げての使用も可能な2WAY仕様で、家でも外でも場所を選ばずに使えるのは嬉しいところ。また、お皿はちょうど蚊取り線香30巻缶のフタとしても機能するサイズ感になっているのも秀逸。(※上記の写真はサンプル品のため、一回り小さくなっています)

蚊取り線香をセットすることで完成するインテリアとでもいえるほどに、置くだけで様になる上質かつ好ルックスな仕上がりのこんなホルダーなら、ますます蚊取り線香を燃やしたくなること請け合い。

家にいる時間の増えたこのご時世だからこそ、今年は夏を楽しむための納涼アイテムとして奮発してみてもいいかもしれません。

  • Photo/Shouta Kikuchi , ブランド提供

(問)ペレグリンデザインファクトリー tel:03-6712-2821 www.peregrine-f.com/

 

情報提供元 : GO OUT
記事名:「 ペレグリンデザインの新蚊取り線香ホルダーはまるで工芸品。スケートボードデッキから生まれた、至高のコラボ作。