キャンプの醍醐味は日常にはない不便さを楽しむこととよく言うように、工夫を凝らして少しずつ快適にしていくことでよりキャンプが楽しくなってくるもの。アイデア次第で、わざわざ高スペックなギアを買わなくても事足りたり、荷物の量を減らせすことだってできるかも!

そんな知っておくと役立つアイデアを、先日行われたGO OUT CAMP vol.16にて探ってきました。

アルミの深皿がシェラカップにシンデレラフィット!

キャンプの大定番アイテムといえるシェラカップ。フライパンに鍋、お椀、コップとしても使えるアウトドアの万能食器と言えるマストギアですが、実は100円均一ショップやスーパーなどで売っているアルミの深皿がジャストフィット!

アルミ皿を重ねて使うことで、シェラカップ自体に食べ物の汚れが付きにくく洗い物が減らせるうえ、アツアツのスープや飲み物を注いでもシェラカップが熱くならないため素手でも持てるんだとか。

ローコストなうえに手間が省けて使い買ってもアップするという一石二鳥なアイデア、ぜひとも取り入れたいところ。

 

ペグをクロスさせれば、即席薪スタンドの完成。

薪を乾かしつつ地面からの湿気から守ってくれるログスタンドですが、ご覧の通りペグを打ち込むことで代用可能! 簡易的ではあるものの、ペグを4本使って2本ずつクロスさせて打つことで、薪を地面から離して置くことができ、十分スタンドとして使えるそう。

こちらのサイトでは短いものを使っていましたが、長いペグを使えばより多くの薪を乗せることができ、1束まるごと置いておける。薪の量に合わせて複数箇所ペグをセットするのもアリ! ただし夜間にはつまずく危険もあるため、目印をつけたほうが良さそう。

 

100均のキーホルダーベルトが、ランタンハンガーに。

何気に欠かせないギアであるランタンハンガーですが、独特な形状ゆえに意外とコンテナの中でかさばったりする。そんなストレスも解消してくれるのが、こちらのアイデア。

なんでも100円均一ショップのキーホルダーベルトが、LEDランタンを吊り下げるのにぴったりなうえ、コンパクトで便利なんだとか! ガソリンランタンやガスランタンなど重量のあるランタンは吊り下げられないものの、面ファスナー式で取り付けも簡単なうえ、カラビナが付いているため軽量なギアであればLEDランタン以外にも対応可能だ。

 

食器バンドはシェラカップの収納にも◎!

便利さゆえに次々に増えていくシェラカップ。増えるたびに重ねてしまっておいても気づけば収納ボックスの中で散乱していたなんてことも……。案外収納に困るシェラカップにも食器ホルダーが重宝するそう。

こちらも100円均一ショップで購入可能で、写真と同じくシリコンゴム製のものであれば、伸縮性があるため一つでかなりの枚数をまとめられ、収納も取り出しもラクラクに。発想の転換というわけではないが、意外と見落としがちな日常アイテムを使ったグッドアイデアといえる。

Photo/Takuma Utoo

 

【併せて読みたい!】
・アウトドアスタイルな、クルマ拝見! @GO OUT CAMP vol.16 #1

アウトドアスタイルな、クルマ拝見! @GO OUT CAMP vol.16 #1

 

情報提供元 : GO OUT
記事名:「 知っておくと得する、キャンプに役立つアイデア集。