腸腰筋は、鍛えると高齢者の転倒予防によいとされている、骨盤の深部にあるインナーマッスルです。腸腰筋を鍛えると、それ以外にも便秘解消など腸のトラブル全般を解消。ひいてはダイエットに効果を発揮します。そんな腸腰筋の鍛え方を紹介しましょう。

腸腰筋の鍛え方とは

腸腰筋を鍛えると効果がある理由

腸腰筋は股関節と骨盤の深部にあるインナーマッスル。おもに腸骨筋と大腰筋という筋肉を合わせた総称です。腸骨筋は骨盤と大腿骨をつなぎ、大腰筋は背骨と骨盤、そして下半身をつなぐもの。歩行では足を前方に振り出すときに使われます。

腸腰筋を鍛えると、高齢者の転倒が予防できることで話題にもなりました。ダイエットから予防医学まで幅広い分野で活躍する筋肉です。腸のぜんどう運動を促すなど、腸のトラブルにも効果があります。

とはいえ腸腰筋は深部にあるため、マッサージすることが難しい筋肉。ふだんは放置されていることが多いといえます。これこそが腸腰筋を鍛えることがさまざまな効果を発揮する理由です。そんな腸腰筋の鍛え方は、腸骨筋と大腰筋に分けてトレーニングするのがポイントになります。

腸腰筋は重要なインナーマッスル

便秘解消に効く腸腰筋の鍛え方

さっそく、便秘解消にも効果のある腸腰筋の鍛え方を紹介しましょう。まずは腸骨筋の鍛え方からです。仰向きに寝たら、足をイスの座面に乗せてください。

この状態から、骨盤を引き上げるようにゆっくりとお尻を持ち上げるのです。1日20回ほど行うとよいでしょう。

大腰筋を鍛える方法は、仰向けになって両手を広げた状態からスタート。右足のひざを抱えるように、胸に引き付けます。そして、引き付けた足を内側にひねってつま先を床に着けるのです。

これで10秒間キープ。引き付けた足の付け根の筋肉を意識してください。左右それぞれやって1セットです。これを1日10セット行いましょう。

■「腸腰筋の鍛え方」おすすめ記事
相撲のシコ踏みは腸腰筋の鍛え方に最適だった
腸腰筋の鍛え方!自宅で行う4つのエクササイズ

■「腸腰筋」おすすめ記事
腸腰筋ストレッチでぽっこりお腹を即効解消!
腸腰筋ストレッチは骨盤が回転したら意味がない
腸腰筋で基礎代謝を上げることで「夏太り」を回避!
腸腰筋の筋トレは上り階段を足裏全体で踏み込む
腸腰筋の筋トレで食べても太らない体を作る!

■「大腰筋」おすすめ記事
大腰筋トレーニングで「つまづき→転倒」予防
大腰筋と骨盤底筋を同時に鍛えるトレーニング
アイソメトリックトレーニングの簡単レッグレイズ

【関連リンク】
筋肉をつける食事の基本はタンパク質とビタミンB6
1日5回!腹斜筋の筋トレでお腹をへこませる
細マッチョになる筋トレがインナーマッスル腹筋!
筋トレ後のプロテインは牛乳やゆで卵で十分
下腹部の筋トレは行列に並びながらでもできる!?

情報提供元 : インナーマッスル
記事名:「 便秘解消にも効果がある「腸腰筋の鍛え方」