P&Gのオーラルケアブランド「ブラウン オーラル B」は、全国の子供たちおよび幼稚園・保育園へ向けて、歯磨きの啓発を行う「オーラルB 夏休みスマイルはみがき」プロジェクトを始動。
これにともない、withコロナの今注目される歯磨きの重要性や、4児のママである辻希美さんによるトークセッションを含むオンライン発表会が行われた。

病気の予防にはお口のケアが必須
「『口は万病の元』は事実である」と語るのは、歯学博士でもある「歯列育成クリニック」の島津貴咲院長。口腔内の環境が悪いと感染症にかかるリスクが高まり、重症化する恐れも指摘されているという。

歯垢は細菌の塊であり、ネバネバしたバイオフィルムとして歯の表面にへばりついている状態。
例えると排水溝のヌメヌメ汚れであり、うがいだけでは落とすことができず、歯みがきで物理的に細菌を除去する必要がある。
子供の頃から習慣化するのが何よりも大切だ。

子供たちの笑顔の基盤を固める「オーラルB 夏休みスマイルはみがき」プロジェクト
子供たちに正しい歯磨き習慣を啓発し、衛生的な口腔環境を保つことで、笑顔で健康に夏休みを過ごしてもらうことを目指すのが「オーラルB 夏休みスマイルはみがき」プロジェクトだ。
“とびきり楽しく歯磨き習慣を身につけてもらう”をテーマに、「オーラルBスマイルはみがき教室」を全国の子供たち・幼稚園・保育園へ無償で届けるという取り組み。
一般家庭へは、ブラウン オーラルB オフィシャルサイトで8月1日よりオンラインで公開される。

歯磨きを楽しく習慣化できる工夫を
イベントには4児のママである辻希美さんがゲストで登場。
コロナの影響でパパやママの負担が増えたことに対して、
「今まで普通にできてたことができなくなり、大人はもちろん子供がとてもストレスを受けているのを感じる」
と語った。

辻さんは「オーラルBスマイルはみがき教室」のコンテンツである「めざ せブラッシングマスター!はみがきクイズ」にも挑戦。
クイズの中には大人でも迷ってしまう問題もあり、パパとママも一緒に歯磨きの大切さを学ぶことが、子供の前向きな歯磨き習慣のために重要ということを実感したようだ。
最後に、「小さい時から歯磨きは楽しいものだと理解してもらい、習慣にしてもらいたい」と締めくくった。

子供のうちに適切な歯磨き習慣を身につけることが、生涯にわたる基本的な口腔衛生習慣や行動の形成に重要な役割を果たすという。
手洗い・うがいだけでなく、歯磨きも加えた新健康習慣を実践していくことが、withコロナ時代に重要なことと言える。

【参考】
※ブラウン オーラルB 公式サイト「オーラルBスマイルはみがき教室」特設ページ
https://www.oralb.braun.co.jp/ja-jp/product-collections/brushing-lecture


情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「withコロナの新健康習慣、手洗い・うがい・歯磨き!「オーラルB 夏休みスマイルはみがき」プロジェクト始動