昨年2020年に行われた大村秀章・愛知県知事のリコール運動で、佐賀県において多数のアルバイトが動員され署名を偽造したと報じられ大きな問題となっている。リコールの会の会長は高須クリニックの高須克弥院長で、院長は記者会見を行い偽造について関与を否定した。

そんな中、高須院長は2月25日にTwitterにて

再来週のビッグコミックスペリオール連載「ダーリンは76歳」面白い なう

と、笑い顔の絵文字入りでツイート。現在小学館「ビッグコミックスペリオール」で連載中の西原理恵子先生の「ダーリンは76歳」の、再来週発売号に掲載される1ページと思われる画像をアップした。
「ダーリンは70歳」としてスタートしたこちらの作品、高須院長と西原先生の「バカップル」っぷり描き、連載がすすむごとにタイトルの年齢が増えてゆき現在は76歳に。
アップされたページでは

このわしが
本気で不正をやるなら
あんなバレバレの安い仕事
するハズがなかろうがー

と大激怒する高須院長や、

次号新章
ダーリンは
犯罪者

と西原先生が描いたところ、高須院長に殴られているシーンなどが描かれている。
同ツイートは反響を呼び、さまざまな意見が寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

情報提供元 : ガジェット通信
記事名:「 西原理恵子先生の「ダーリンは76歳」が新章「ダーリンは犯罪者」に!? 高須克弥院長「面白い なう」