コロナ禍を家で過ごしていると、いつも以上に気になってくるのは家の中の不用品たち。表に出ることがないと、せっかくのブランド品も手持ち無沙汰に。この機会に処分したいけれど、外出するのは……というときにピッタリなサービスが、ブランド買取専門店「なんぼや」にて実施されています。

ビデオ通話システムを使用したオンライン接客で、自宅でビデオ通話をしながら査定が行える『なんぼやオンライン買取』を実際に体験してみたレポートをお届け!

というわけで、まずは『なんぼやオンライン買取』のサイトにアクセスして、予約日時を選択してみることに。30分刻みで自分の都合のいいタイミングに合わせて、設定するだけで完了です。

あとは送られてきたメールアドレスのURLから、担当者の方とビデオ通話をしながら品物を査定していくという流れ。今回は数年着ていないウールコートを査定に出してみることに!

ビデオ通話で担当の方にカメラを通じてコートを見せつつ、ブランド名やタグなどでわかる情報を伝えていくとあっという間に査定は終了。金額的に問題がなければ、査定した品物を梱包して必要事項を明記して発送すればOKという手軽さでした。

発送も指定した時間に集荷に来てくれるだけでなく、家に梱包財や段ボールがなければそれも用意してくれるので、本当に一切家から出ることなく査定が終了。登録に必要な身分証もスマホで写真に取ってアップロードするだけで、30分もあれば完結するお手軽さに驚きます。

その後は実物による査定によって金額が決まり、問題なければ振込依頼をすれば数日以内に全行程が終了。実物での査定も、上回ることはあれどビデオ通話時に出た金額を下回ることはないとのことで安心です(ちなみにウールコートは1万円の査定に!)

そんな『なんぼやオンライン買取』に関して、運営元のバリュエンスジャパンに利用者の特徴やオンラインならではの良さについて伺ってみると「(年末年始は)オンラインでのご利用が増加傾向にありました。また、大雪などの巣ごもり影響もあって、東北や北海道のお客様からのお問い合わせも増えました」と回答が。

2020年5月からのサービス開始当初や、2度目の緊急事態宣言下となった2021年1月にも利用者が増えた模様。そこで気になるのは、どんなものが査定に持ち込まれているのかというところ。

「店頭買取に比べて、比較的バッグの査定が多いですね。オンライン査定をご利用いただいているお客様が女性という理由が大きく、育児や家事の合間時間にオンライン査定をご利用いただくなど、ご自宅で過ごす時間が多いからこそ利用しやすいのではないかと思っています」

オンライン査定ならではの利便性については「高価なものですと実際に店頭に持っていくことに不安があるものや、重量があると持ち運びしづらいものでもご自宅にいながら査定いただけることです」と回答いただきました。これは確かにそうですね! たくさんの査定も持ち運ぶことを考えなくていいのは、ありがたい!

利用者の年齢層的には、実店舗とほぼ変わらず30代~50代がメインとのことで、オンラインという性質上60代以降の方は実店舗に比べると少ないそう。

最後にまだしばらくは思うように外に出られない状況が続く中、今後オンライン査定にどれくらい力を入れていくのか聞いてみました。

「オンラインサービスへの需要は今後さらに高まっていくと考えておりますので、お客様目線でのサービス改善に努めていきつつ、直近では今春に一部サービスのアップデートを予定しております」ということで、さらに便利になるとのこと!

普段からオンライン会議などでビデオ通話をしている人なら、ハードルなく利用できる『なんぼやオンライン買取』。家に不要なブランド品が眠っている人は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

『なんぼやオンライン買取』公式HP:https://nanboya.com/quicksell/

ビデオ通話システム「ライブコール」の担当者によると、現在このような「オンライン○○」は様々な業種で導入が進み、アパレルや時計ジュエリーなどの他、家電販売、寝具メーカーでも導入されているとのこと。今後はリアルショップとECサイトの垣根がなくなるかもしれませんね。

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「自宅でブランド品を簡単査定! 『なんぼやオンライン買取』を体験してみた