2020年9月に日本でのサービス開始から5周年を迎えたNetflixが、7日、メディア向けのオンライン説明会を開催。国内の利用者が500万人を突破したことを明かした。

Netflixは2015年9月に日本国内でサービスを開始。現在は世界190か国以上で1億9300万人以上の利用者を抱えている。

Netflix コンテンツ・アクイジション部門 ディレクター 坂本和隆氏は、「当初は(国内において)ネットを介して動画エンターテインメントを楽しむというのがなかなか定着していませんでしたが、Netflixのような定額制の動画見放題サービスを中心に市場は大きく拡大しています」と説明。動画配信サービスの国内市場規模は、多様な事業者の競争により、2015年の約1410億円から、2019年には約2770億円へと急成長を果たしている。

スタジオ機能の内製化やローカル化を進めることで、これまで100か国以上で作品を制作してきたNetflix。日本においてはアニメ作品を中心に日本発のオリジナルタイトルが海外でも高い評価を得ており、最近では映画『泣きたい私は猫をかぶる』が世界30か国以上で人気トップ10(映画)にランクインし、アニメシリーズ『バキ』は50か国以上で人気トップ10(総合)入りを果たしたという。

また、「2022年末までに、日本から15作品以上の実写オリジナル作品を配信」する予定も明かされた。

今冬には、山﨑賢人、土屋太鳳W主演、佐藤信介監督によるNetflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』の配信が予定されている。

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「Netflixの国内利用者が500万人を突破 2022年末までに15以上の実写オリジナル作品を配信予定