エスケイネットは、一眼レフやビデオカメラをウェブカメラとして使えるUSBビデオアダプター「MonsterX Lite」を8月上旬に発売することを発表しました。希望小売価格は4980円(税別)。

リモートワークで普及が進むオンライン会議やライブ配信の際、一眼レフやビデオカメラのHDMI出力をパソコンのUSB端子に入力できるUSBビデオアダプター。ノートPCやタブレットの内蔵カメラより鮮明な映像を配信できるほか、暗い場所を鮮明に見せたり、カメラ側でズームイン・ズームアウトの操作が可能になります。ドライバーは不要で、PCのUSBポートに接続するだけで使用可能。「Skype」「Facebook」「OBS」「Zoom」「Webex」「Teams」の各アプリケーションで動作を確認しています。

「MonsterX Lite」仕様
外形寸法:50×26×12mm
質量:約40g
インターフェイス:USB2.0
電源:USBバスパワー
映像入力:HDMI ver.1.3b
映像入力解像度:
640×480@60 / 800×600@60 / 1024×768@60 / 1152×864@60
1280×720@60 / 1280×800@60 / 1280×960@60 / 1280×1024@60
1440×900@60 / 1600×900@60 / 1680×1050@60 / 1920×1080@60
3840×2160@30
映像出力解像度:1920x1080 30fps
ハードウエアー圧縮:Motion -JPEG 形式
音声形式:
Format: L-PCM
サンプリングレート: 32KHz, 44.1KHz, 48KHz

動作環境
対象OS:
Windows10 / Windows8.1(32Bit/64Bit)
Windows7(32Bit/64Bit)各OSとも日本語版のみ対応
CPU:Intel Core i5プロセッサ 2.4GHz同等以上(非圧縮録画時)
メインメモリ:4GB以上を推奨
インターフェイス:USB2.0
チップセット:DirectDrawが正常に動作するグラフィックシステム
サウンド:DirectSoundが正常に動作するサウンドシステム

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「一眼レフやビデオカメラを手軽にウェブカメラ化するUSBビデオアダプター「MonsterX Lite」 エスケイネットが4980円で発売へ