Facebookは米国時間2021年4月30日付のOculusブログ投稿にて、VRシューティングゲーム「Onward」の開発スタジオDownpour Interactiveの買収を発表しました。

この買収は、

・「Beat Saber」のBeat Games

・「Asgard’s Wrath」のSanzaru Games

・「Lone Echo」のReady at Dawn

に続いて、FacebookのVRゲームスタジオ買収の4例目となります。



FacebookがDownpour Interactiveを買収

FacebookがDownpour Interactiveを買収

2016年にSteam Early Accessに登場した「Onward」は、リアルな武器の取り扱いと物理演算を備えたマルチプレイヤー専用のシューティングゲームです。

本格的なコンバットシューティング体験を望むVRゲームプレイヤーの指示を受け、ここ数年に登場した数多くのVRゲームの中でも有力タイトルの一つに成長しました。

Oculusプラットフォームについては最初はRiftで、2020年にはQuestでもリリースされており、特にQuestでは最も人気のあるVRゲームの一つとして成功を収めています。

FacebookはOculusブログの投稿の中で「チャレンジ、戦術、チームワークに満ちたマルチプレイヤーの傑作」と評し、その上で

「Onward」は、ソーシャルがVRの最先端トレンドになるずっと前にマルチプレイヤーゲームとして発売されました。

したがって、Downpour Interactiveは、忠実なコミュニティと協力して可能な限り最高のソーシャルゲームを作成する開発者の最高の例としてVR業界をリードする経験をもっています。

と「Onward」がVRゲームに与えた影響を指摘し、Downpour InteractiveがFacebookにインスピレーションを与えることについての期待を表明しました。

また、Downpour Interactiveの創業者兼CEO Dante Buckley氏も、

FacebookのOculusStudiosに参加することで、多大なサポートとリソースでOnwardの完全なビジョンを実現できるようになりました。

これは、すべてのプラットフォームのすべてのプレーヤーにとってより良いゲームを意味します。

と述べ、今回の買収劇による相乗効果について今後の展望を述べています。



買収による影響は?

FacebookはDownpour Interactive買収に関する条件などの詳細な情報を公開していません。

ただ、Downpour Interactiveの全体がOculus Studioに参加していくことになるとしています。

「Onward」はOculusプラットフォームのほかSteamでも配信されていますが、今回の買収によりSteamから撤退するということはないとのことです。

とはいえ、今後Downpour Interactiveが開発するVRゲームの新作はOculusプラットフォームに限定して配信されることが予想されます。

まとめ

2019年から2020年にかけて非常に活発にVR/AR企業を買収してきたFacebookですが、最近は買収に関するニュースは聞こえてきませんでした。

そんなFacebookによる久々の買収劇は、マルチシューティングゲーム「Onward」のDownpour Interactiveです。

買収の理由として、マルチプレイゲームのコミュニティ運営能力を上げており、依然FacebookがVRソーシャルの分野での覇権を目指していることを窺わせます。

再び大きく動き始めたFacebookがこれからどのようなVRソーシャルを作り上げていくのか楽しみですね。

参考:Oculusブログ








The post Facebookが「Onward」の開発スタジオを買収!VRゲームスタジオ買収は4件目! first appeared on VR Inside.

Copyright ©2021 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元 : VR Inside
記事名:「 Facebookが「Onward」の開発スタジオを買収!VRゲームスタジオ買収は4件目!