image:秒刊SUNDAY

あなたは「タコハイ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。歳を重ねた人ならば懐かしいと感じる、タコのキャラクターが印象に残るサントリー樹氷を使った缶チューハイのことです。そんなタコハイを偶然提供している居酒屋を見つけたので、タコハイに馴染みのない平成生まれの筆者が飲んでみることにしました。

居酒屋でタコハイを発見

image:秒刊SUNDAY

ある日、たまには外食でもしたいと思い以前から気になっていた居酒屋に行ってみることにしました。出てくる料理も美味しく、これはアタリのお店だと思っていた時、壁にある張り紙が目に入ります。

image:秒刊SUNDAY

タコハイという聞き慣れないお酒を勧める張り紙です。言わゆる酎ハイに分類されるもので、サントリーながらの言い回しだそうです。

タコハイを飲んでみた

image:秒刊SUNDAY

早速タコハイを注文してみました。ハイボールとは違い、水のように透き通っています。

image:秒刊SUNDAY

味はさっぱりとしていて美味しいです。これなら魚でも肉でもなんでも合いそうです。

image:秒刊SUNDAY

image:秒刊SUNDAY

揚げ物はもちろん、串などどんなものでもバッチリと合います。ついつい予定よりも食べ過ぎてしました。普段はハイボールをよく飲む筆者ですが、これを機にタコハイ信者になってしまいそうです。皆さんも今夜はタコハイで晩酌を楽しんでみてはいかがでしょうか。

取材協力:「串焼 しまちゃん」店舗情報

神奈川県相模原市緑区東橋本1-24-19
HP:https://www.instagram.com/shima_kushi/?hl=ja

情報提供元 : 秒刊SUNDAY
記事名:「 これを知ってれば40代以上、懐かしの味タコハイを平成生まれが飲んでみた 」