image:秒刊SUNDAY

学生時代に一度は目にしたことのある単位「pH」を覚えているでしょうか。日常生活の中では中々使う機会も無いので忘れても無理はないでしょう。ちなみにこの読み方は何と言っていたでしょうか。この読み方が実は世代によって異なっており、ジェレネーションギャップが発生していることが話題になっています。

pHとは

image:秒刊SUNDAY

pHは水素イオン濃度指数を表し、その液体に水素イオン「H+」がどのくらい存在しているかを表すための単位です。
液体の酸性、アルカリ性は、その液体に溶けている水素イオンの量によって決まります。

引用:https://www.suzuken-ltd.co.jp/column-post/2018/11/06/570/

このpHは食べ物などにも関係していて、リトマス試験紙はこのpHの量によって決まる分類を見分けることができます。

pHの読み方

pHを「ペーハー」と読んでしまう人はいないでしょうか。現代の教育では「ピーエッチ」と読むと教えられています。計量単位規則でも定められているので、うっかりペーハーと読んでしまうとジェネレーションギャップで通じないショックを受ける人が出てきています。

ネットの反応

衝撃的な事実にペーハー派の人たちが衝撃を受ける反応が溢れています。この事実を知って驚いている人は、明日から「ピーエッチ」と口に出して話してみてはいかがでしょうか。

ジェネレーションといえば、グレープフルーツを食べる時に使うあのスプーンが平成生まれに意外にも知られていないと話題になりました。

source:鈴研株式会社

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「化学にでてくるpHの読み方で分かるジェレネーションギャップが話題に