image:写真AC

男女問わず、何らかの容姿のコンプレックスを抱える人は少なくないでしょう。そして、そうしたコンプレックスを払拭するのは、簡単なことではありません。多くの人がそんな悩みと折り合いをつけようとしているわけですが、今ネット上ではあるコンプレックスに自信を持てるようになった体験談が話題になっています。

雌雄眼に悩んでいた人の投稿が話題に

話題になっているのは、左右の目が異なる雌雄眼(しゆうがん)に悩んでいたユーザーの投稿です。投稿内容を見ても相当に悩まれていたことが伺えます。

私、目が左右差あって、左が鋭いのね。左右対象にする手術しようと思ってたんだけど 「あなたの目の左右差は"雌雄眼"と言って、ミステリアスでちょっとわがままなイメージで魅力的なんだよ、白石麻衣ちゃんや玉城ティナちゃんも雌雄眼だよ」 と言われてこの目の左右差を個性にしようと思えたんだよね

しかし、人と異なる個性であり、人気芸能人にも同じ雌雄眼の持ち主が多いという話をされ、自信が持てるようになったという素晴らしい体験談です。

そもそも雌雄眼とは

そもそも雌雄眼とは何かと思われる人も多いでしょう。上記の投稿でメガネ工房AZのツイートでもわかりやすく説明してくれていますが、雌雄眼とは左右で目の大きさが異なることを指すようです。

上のツイートも写真を含めて雌雄眼の説明をされていますが、確かに正面からの写真では若干、左右差を感じなくもありません。

左右差は魅力的な個性との投稿集まる

この雌雄眼に関して、多くのユーザーからの声が寄せられています。

多くのユーザーが、「雌雄眼を持つ人の多くはモテていた」「ドキッとする印象の人が多い」といった好意的な感想を述べています。

自身にとっては大きな悩みでも、周囲から見ると魅力的な個性に映るもケースは他にも多くあります。

自信を持てたというユーザーも

また、雌雄眼が魅力的という旨の投稿以外にも、同じ雌雄眼のユーザーからも多くの投稿が集まっています。

投稿内容を見て「元気が出た」「コンプレックスだったけど魅力という考え方は新鮮」「整形を検討していたけど前向きになれた」と同様の悩みを抱えていたユーザーも自信を持つことができたとのことです。

容姿のコンプレックスは非常にデリケートで難しい問題です。人気芸能人も少なからず悩みを持っているようです。

しかし、今回の話題のように捉え方を変えることでずっと気持ちが楽になることも少なくありません。難しいかもしれませんがコンプレックスに対する認識を変えてみると少し前向きになれるのではないでしょうか。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「雌雄眼のコンプレックスを解消できた体験談に共感の声続出