ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- BentallGreenOak(BGO)は本日、Metropolitan Real Estate Equity Management, LLC(メトロポリタン)を世界的投資会社のカーライル・グループ(NASDAQ:CG)から買収する取引を完了したと発表しました。この取引は、BGOのコア、コアプラス、バリューアッド、デットの戦略をメトロポリタンの統合的なプライマリー、セカンダリー、共同投資の不動産戦略と組み合わせて統合的で分散された不動産プラットフォームを作り上げ、運用資産額は約550億ドルになります(2020年12月31日現在、Metropolitan Real Estate Equity Managementの買収を考慮した試算)。BGOの不動産プラットフォームの中で、メトロポリタンはBGO Strategic Capital Partnersの名称で活動し、引き続きニューヨーク、香港、ロンドンの既存のリーダーシップ・チームの強みと深みによるメリットを受けます。


BentallGreenOak最高経営責任者(CEO)のSonny Kalsiは、このように述べています。「BGO Strategic Capital Partnersを作り上げることで、私たちはセカンダリー市場と共同投資市場における世界的なマーケットリーダーの卓越した能力を活用し、世界各地の当社クライアントのために、さらに分散された世界的な投資戦略と機会を提供していきます。私たちは、自らの世界的な不動産プラットフォームのリソースと能力を投資し、当社事業のこの部分において構想している成長と規模拡大のための複数の原動力を発揮していきます。BGOの経営陣は、Sarah Schwarzschild、John So、そしてこの長い時間をかけてマーケットリーダーを作り上げるために集められてきた素晴らしい投資担当者のチームと共に働くことに期待を感じています。」

BGO Strategic Capital Partners共同ヘッドのSarah SchwarzschildとJohn Soは、このように述べています。「Metropolitan Real EstateをBGO Strategic Capital Partnersへと変革することは、私たちの戦略の世界的力を拡大する非常に期待の持てる新たな時代の始まりであり、新たなリソースと能力が注入されることで、投資家への商品・サービスがさらに強化されます。私たちは、気風と起業家精神が私たち自身の価値観と一致する会社に加わることになり、新たな同僚と共に未来を築くことを楽しみにしています。」

BentallGreenOakについて

BentallGreenOakは、世界規模の大手不動産投資顧問会社であり、世界的に認知されている不動産サービスのプロバイダーです。BentallGreenOakは、約550億米ドルの運用資産(2020年12月31日時点)と、世界中のオフィス、産業用不動産、集合住宅、小売店、ホテルに関する専門知識を生かし、750を超える機関投資家のためにサービスを提供しています。BentallGreenOakは12ヶ国の24都市にオフィスを構え、各地域に関する深い知識と経験を持ち、プライマリー、セカンダリー、共同投資の市場で当社がクライアントに代わって不動産資産に投資・運用する地域において幅広いネットワークも有しています。BentallGreenOakは、Sun Life Financial Inc.のオルタナティブ資産運用部門であるSLC Managementに属しています。

上記で示した運用資産には、BentallGreenOakの企業グループとその関連会社が運用する不動産投融資が含まれます。

詳しくは、www.bentallgreenoak.comをご参照ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media
Rahim Ladha
BentallGreenOak
media@bentallgreenoak.com

情報提供元 :
記事名:「 BentallGreenOakがMetropolitan Real Estate Equity Managementを買収するディールをクローズ、同社のグローバル・プラットフォームにセカンダリー戦略と共同投資戦略を追加