ストロベリー プリマヴェーラ

ザ・リッツ・カールトン大阪は、1階「スプレンディード」で開催中のストロベリーアフタヌーンブッフェのテーマを変更し、3月1日からは春をテーマにした「ストロベリー プリマヴェーラ」を提供する。

新メニューとして春らしい花模様をあしらったフラワーカップケーキや、さくらんぼ風味のスリジェゼリー、苺とカシスの琥珀糖などのスイーツを提供する。セイヴォリーは、アーモンドとバルサミコ酢を加えたストロベリーリゾットや、バジルとクスクスを使った一品などを用意する。

テーブルサーブデザート

テーブルサーブのデザートとして、春の雪解けを表現した一品を用意する。マティーニグラスの中に小さくカットしたいちご、その上に細かく切った紫蘇とミントにオリーブオイルを混ぜてペースト状にしたエマルジョンを入れ、大地から新たに芽を出す若葉を表現。そのグラスの縁のサイズに合わせて、丸く凍らせたいちごピューレを上部にかぶせて提供する。時間とともにいちごピューレが溶け、エマルジョンと混ざり合う新感覚デザートを提供する。

開催期間は3月1日から5月31日まで。提供時間は午後2時から午後6時までで、最終入店が午後4時30分、90分制。料金は、平日が大人1名6,000円、小人1名3,000円。土日祝日は大人1名6,200円、小人1名3,100円となっている。料金はいずれも消費税、サービス料込みとなっている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ザ・リッツ・カールトン大阪、3月よりストロベリーアフタヌーンブッフェの新テーマ導入