JR東日本は、IC入場サービス「タッチでエキナカ」を3月13日初電より開始する。

交通系ICカードを、在来線の駅構内施設の利用や送迎などの目的で利用できるようにするもの。交通系ICカードで同一駅の自動改札機を2時間以内に入出場した場合に適用され、利用料金は入金残額から自動精算される。

対象エリアは、JR東日本のSuicaエリアの在来線改札内で、簡易改札機や新幹線改札内は利用できない。私鉄・地下鉄の乗り換え改札口など、一部対象外となる場所もある。

料金はきっぷの入場券と同額で、電車特定区間の駅は140円、それ以外の駅は150円。1回の利用は2時間まで。全国相互利用対象の10種類の交通系ICカードに対応する。仙台エリアでは「icsca(イクスカ)」も利用できる。

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東日本、IC入場サービス「タッチでエキナカ」を開始