JAL(ボーイング777-200型機、JA8979)

日本航空(JAL)は、12月4日午前11時50分ごろ、沖縄/那覇発東京/羽田行きのJAL904便(ボーイング777-200型機、機体記号:JA8978)の左エンジンに不具合が発生し、那覇空港に緊急着陸した。運輸安全委員会は重大インシデントに認定した。

同便は、午前11時34分に那覇空港の23番スポットを出発。午前11時44分に離陸した。離陸上昇中の高度約16,000フォートから17,000フィートで、左エンジンから振動が発生し、不具合を示すメッセージが操縦室の計器に表示されたことから、同エンジンを停止して引き返しを決定。午前11時53分頃に緊急着陸を宣言し、午後0時23分頃に第2滑走路に着陸した。牽引車でスポットまで牽引し、午後1時26分に到着した。乗員11名、乗客178名の計189名ににけがはなかった。乗客には後続便に振り替えを案内した。

到着後の検査で、左エンジンの一部のファンブレードやエンジンカウルの損傷が確認されたことから、「発動機の破損(破片が発動機のケースを貫通)」に準ずる事態として、国土交通省は同日、重大インシデントに認定した。

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL機緊急着陸、重大インシデントに認定