タイ国際航空

タイ国際航空は、日本とタイを結ぶ路線の全便を運休する期間を延長した。

札幌/千歳・東京/羽田・東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・福岡〜バンコク線を対象に、バンコク発を12月31日まで、日本発を2021年1月1日まで運休する。東京/成田発のTG677便、名古屋/中部発のTG645便、大阪/関西発のTG645便、福岡発のTG649便は12月31日まで運休する。

なお、仙台〜バンコク線は10月24日までの運休を決めており、10月25日以降の冬スケジュールでは当初から運航予定がない。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「タイ国際航空、12月31日まで日本線全便の運休継続