東京地下鉄(東京メトロ)日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ駅」が6月6日、神谷町〜霞ケ関駅間に開業した。

虎ノ門ヒルズ駅は、神谷町駅から約800メートル、霞ヶ関駅から約500メートル地点の、国道1号(桜田通り)と環二通りの交差点(虎ノ門二丁目交差点)付近に位置する。日比谷線では1964年の全線開業以来初めての新駅設置となる。東京メトロの既存路線における新駅設置は、2000年1月に開業した東西線の妙典駅以来、約20年ぶりだ。

▲駅設置工事中の虎ノ門二丁目交差点付近(2019年8月28日 筆者撮影)

駅周辺には空港リムジンバスや都心と臨海エリアを結ぶ「東京BRT」が発着する予定のバスターミナルや、複数の再開発ビルがあり、地下の連絡通路によって接続する。銀座線の虎ノ門駅との乗り換えも可能で、都心部の新たな交通結節点としての役割が期待されている。

ホームは2面2線の対面式。改札は北千住方面ホームに1か所、中目黒方面ホームに2か所設置されている。現在は改札階がホーム階と同じ地下1階だが、工事中の地下2階の駅コンコースが完成する2023年には、改札も地下2階に移設される。駅コンコースは隣接する再開発ビル内の広場と接続し、地下での移動利便性が向上する。

新駅の開業は虎ノ門エリア再開発の核とも言える。今後、同エリアは虎ノ門ヒルズ駅を中心として、国際的なビジネス・交流拠点に進化していく。

▲地下2階コンコース供用開始後のイメージ

▲1番線(中目黒方面)ホーム

▲1番線(中目黒方面)ホーム側 桜田通り方面改札

▲1番線(中目黒方面)ホーム側 虎ノ門ヒルズ森タワー方面改札

▲再開発ビルやバスターミナルとつながる地下連絡通路

▲駅名標

▲日比谷線では22番目の駅で、駅ナンバリングは「H06」

▲A1(桜田通り方面)出口

▲工事中の地下2階コンコース

(写真:特記以外東京メトロ提供)

情報提供元:Traicy
記事名:「日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」、きょう開業 駅構内を紹介