4月8日、グループPSAジャパンはシトロエンのミドルサイズSUV「C5エアクロスSUV」の一部仕様変更を実施した。税込車両価格は420万円〜476万円。

ガソリンエンジン車はエンジンマネジメントの変更によりWLTCモード燃費が13.8km/ℓから15.0km/ℓに向上

このたびの一部改良は、全グレードでLEDヘッドライトの標準装備化を実施するとともに、ディーゼルモデルに設定されているナッパレザーパッケージオプションのシートとトリムカラーをブラウン&ブラックからブラック&ライトグレーに変更した。

また、ガソリンエンジン車では、欧州排ガス規制Euro6.3対応のエンジンマネジメントの見直しにより、WLTCモードにおいて13.8km/ℓから15.0km/ℓへと約9%の燃費改善を果たしている。

●シトロエン「C5エアクロスSUV」モデルラインナップ

〈ガソリンエンジン(180ps/250Nmの1.6ℓターボ)搭載車〉

・C5エアクロスSUV SHINE:420万円

〈ディーゼルエンジン(177ps/400Nmの2.0ℓターボ)搭載車〉

・C5エアクロスSUV SHINE Blue HDi:439万円

・C5エアクロスSUV SHINE Blue HDiナッパレザーパッケージ:476万円

※トランスミッションは全車8速AT。価格は消費税込み

●シトロエン公式WEBサイト「C5エアクロスSUV」

情報提供元:MotorFan
記事名:「 シトロエン「C5エアクロスSUV」が仕様変更で全グレードにLEDヘッドライトを標準装備。オプションのレザー内装のカラーも変更