間もなく、新型が登場(すでに新型はワールドプレミアされている)するホンダ・ヴェゼル。2013年に発表されたのが、現行(初代)モデル。競争の激しいコンパクトSUVカテゴリの雄としてヒットモデルとなったわけだが、新型に切り替わる直前のいま、「初代ヴェゼルは成功したのか?」について考えてみよう。

間もなく発売になる新型ヴェゼル

ホンダ・ヴェゼルは2013年に3代目フィットをベースに開発されたコンパクトSUVだ。手頃なサイズとスタイル、ハイブリッド/ターボ/自然吸気ガソリンという多彩なパワートレーンと相まって人気を集めてきた。8年間にわたって売れ続けたわけだ。



国内では「ヴェゼル」。モデル名の由来は、英語で「カットした宝石の小さな面」を表す「Bezel」と、クルマを意味する「Vehicle」を掛けあわせた造語からきている。角度によって表情を変える宝石のように「多面的な魅力と価値を持つクルマ」という想いを込めた、とホンダは説明する。



海外ではHR-Vの名前で販売されている。

現行(初代)ヴェゼル

では、このヴェゼルの販売台数を見ていこう。

発売は2013年12月。この年の販売台数は2207台である。

2014年:9万6029台

2015年:7万1021台

2016年:7万3889台

2017年:6万4332台

2018年:5万9619台

2019年:5万5886台

2020年:3万2931台

という推移である。グラフにするとこうなる。2020年はコロナ禍の影響で落ち込んでしまったが、なだらかな右肩下がりで、人気が底堅いことがわかる。

トヨタC-HR

では、これにライバル、トヨタC-HRの販売台数を重ねてみよう。

スタイリッシュなコンパクトSUVとして2016年12月に発売になったC-HR。いきなりの大ヒットとなって、翌17年には11万7299台を売り上げた。



さらに、これにマツダCX-3の販売台数も載せてみよう。



こうしてみると、ヴェゼルは(特別な状況だった2020年を除けば)安定してうれていることがわかる。ピーク時と2019年の販売台数を比較すると

ヴェゼル:2014年:2019年 58.2%

C-HR:2017年:2019年 47.5%

となる(CX-3は、2015年:2019年 32.9%)

やや奇抜なデザインのC-HRの販売が失速気味なのに対して、オーソドックスなヴェゼルは安定して売れ続けた、と言える。

マツダCX-3

ホンダがヴェゼル発表時に掲げた月間販売目標台数は4000台だった。

2013年12ー2020年12月の85カ月で国内で45万5914台売れたので、この間の平均販売台数は

5346台/月

である。

やはり現行ヴェゼルはヒット作と言っていい。

アメリカではどうだったか?

では、今度は世界に目を向けて見よう。アメリカ市場ではどうだったか?



2015年から2020年6年間の販売台数の推移をグラフにしてみた。

では、今度は世界に目を向けて見よう。アメリカ市場ではどうだったか?



2015年から2020年6年間の販売台数の推移をグラフにしてみた。

ヴェゼル(HR-V)vs C-HRはヴェゼルの圧勝だ。もともと北米ではコンパクトサイズのSUVのニーズはさほど大きくない。ホンダならHR-VよりもCR-V、トヨタならC-HRよりもRAV4の方が圧倒的に売れる。だとしても、ヴェゼルの人気は高いことがわかる。



ところが、そのHR-Vよりも北米で売れているジャパニーズSUVがある。

SUBARU CROSSTREKである。日本名はスバルXVである。日本の販売台数データでは「インプレッサ」に含まれてしまってXVだけのデータはすぐにわからなかったのだが、北米でのスバル人気の高さには驚かされる。

スバルXV(アメリではCROSSTREK)

ちなみに、2020年の北米SUV販売台数ランキングでいえば、スバルXV(CROSSTREK)も17位にとどまる。



せっかくなので、TOP20を紹介すると

北米SUV販売台数ランキング2020 20→11位

20位 シボレー・トラックス:10万6299台

19位 ジープ・コンパス:10万7969台

18位 フォード・エッヂ:10万8886台

17位 スバル・クロストレック:11万9716台

16位 ヒュンダイ・タスカン:12万3657台

15位 マツダCX-5:12万3727台

14位 ホンダ・パイロット:12万3813台

13位 シボレー・トラバース:12万5546台

12位 トヨタ4ランナー:12万9052台

11位 ジープ・チェロキー:13万5855台



となる。

北米SUV販売台数ランキング2020 10→1位

10位 スバル・フォレスター:17万6996台

9位 フォード・エスケープ:17万8496台

8位 ジープ・ラングラー:20万1311台

7位 ジープ・グランドチェロキー:20万9786台

6位 トヨタ・ハイランダー:21万2276台

5位 フォード・エクスプローラー:22万6217台

4位 日産ローグ:22万7935台

3位 シボレー・エクイノックス:27万994台

2位 ホンダCR-V 33万3502台

1位 トヨタRAV4:43万387台



である。

XVの兄貴分のフォレスターが10位

HR-Vの兄貴分のCR-Vが2位

C-HRの兄貴分のRAV4が1位

というわけで、日本のSUVは大健闘している。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 間もなく新型登場のホンダ・ヴェゼル 初代(現行)モデルは日本で、そしてアメリカで成功したのか? ライバル、トヨタC-HR、マツダCX-3、スバルXVの販売台数も見ながら考えてみる