日産愛知自動車大学校・日産京都自動車大学校に学生が作り上げたのは、ラシーンをベースにハコスカのエッセンスを入れた「ラコスカ」とサニートラックをカスタムした「カスタム・サニー・トラック」の2台だ。

日産京都自動車大学校 ラコスカ

ベース車両は日産ラシーン

ボディサイドのサーフィンラインもいい

日産京都自動車大学校の学生が作ったのはラコスカ。ベースは日産ラシーンである。

テーマ:『日産DNA 他がやらないことをやる』

車両コンセプト:『今 求めるハコスカの姿』根強いハコスカファンを唸らせる車両にしたい!! 現代に走るハコスカをイメージ、家族でキャンプに行ったり、釣りに行ったり、買い物に行ったとマルチに使えるオフロードタイプ!!

フロントフェンダーはハコスカのフェンダーを使っている。

サーフィンラインもオリジナルのハコスカから型をとってFRPで成形 元々のハコスカのサーフィンラインとまったく一緒。

もちろんテールもハコスカ

いまどきの学生がハコスカ?と思ったのだが、先生に聞くと「みんな大好きなんですよ」とのこと。ハコスカのベースにしたのがラシーンなのは、サイズと丸くないボディスタイルが理由だ。



京都校にはハコスカの現車があったので、そこから部品をコンバートしたり、型をとったりしてラコスカを作り上げたという。製作をスタートしたのは2020年10月。2カ月半で完成させた。

フロントはハコスカから持ってきている

素晴らしい出来映え。幕張メッセで多くの人に見てもらいたかった。

驚いたのは、ボンネットを開けたときだ。フードの裏側はもちろん、フレームや見えない部分まで美しい花柄がちりばめられている。これはカスタマイズ課で初めての女子学生がエアブラシを使って手描きしたもの。女性ならではセンスと高い集中力で仕上げたという。

日産愛知自動車大学校 カスタム・サニー・トラック 

日産愛知自動車大学校 カスタム・サニー・トラック

愛知校は、サニトラ、ことサニートラックを日本のカスタムカーの往年のスタイルにカスタム。アメリカ西海岸のカスタムカー”Lowrider"等に用いられるカスタムペイントの派手さと、日本の往年のスタイルを組み合わせた学生ならではのアイデアで仕上げている。

ベース車両は、ボロボロだったが、レストアからスタートして純正エンジンを鏡面になるまで磨き、それを魅せるワイヤータック・スムージング・クリアボンネットなど加工を行なった。

なにやら、ボンネットが透けている?

ボンネットフードはエポキシを積層して製作した。エンジンはA型。バッテリーもマスターバッグもエンジンルームにはない。室内に移設した。

腐食していた部分は学生が鉄板を叩き出して作った。 インパネも手作り。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ラシーンベースのハコスカ? ボンネットの裏側にもこだわりが! 日産愛知自動車大学校・日産京都自動車大学校「ラコスカ」&「カスタム・サニー・トラック」