大音安弘さんが選んだ「2020年の推しカー」は、ルノー・ルーテシア、ダイハツ・タフト、ホンダ・シビック タイプR。BBS製鍛造20インチホイール採用の200台限定「リミテッドエディション」は即完売、標準モデルも欲しいならば早めにディーラーに駆け込んだ方が良さそうだ。



TEXT●大音安弘(OTO Yasuhiro)

新型ルーテシアはルノー・日産・三菱のアライアンスにより開発されたCMF-Bプラットフォームを採用(新型日産ノートも同じプラットフォーム)。1.3L直噴ターボエンジンと7速DCTを搭載する。

最近、個人的にも注目しているのが、欧州Bセグコンパクトだ。これまでも輸入車エントリーとして、現実的な価格と洒落たスタイルが魅力だったが、その反面、質感には寂しさを感じていた。ところが、最新の欧州Bセグは、総合力が向上し、各社の中でも一押しモデルへと成長している。



その中で特に注目しているのが、新型ルノー・ルーテシアだ。正直、先代はカジュアル路線が強くて、安っぽかった。しかしながら、最新型では、Cセグイーターを自負するだけあり、質感がグンと高まっただけでなく、車室も拡大。特に後席にゆとりが感じられるようになったのには、驚かされた。



元々、定評のある走りだが、新型は欧州スタンダードといえるしっかりした味付けで、ドイツ車ファンの心も捉えそう。心臓部となる1.3Lターボと7速DCTの組み合わせは、240Nmの高トルクとシャキシャキした変速で、スポーティな走りにも応えてくれる。もちろん、ADASだって、しっかりと押さえている。



個人的なおススメは、BOSEのサウンドシステム。エントリーを除き、標準装備だが、かなり高音質だ。

目を見張るのが、インテリアの質感が大幅に向上していること。ダッシュなどにはソフト素材がおごられている。

ハスラーが独占している軽SUVの市場に殴り込みをかけるべく投入されたダイハツ・タフト。チョップド風のスクエアボディが個性を放っている。

軽自動車の枠をアイデアで超えてきたのが、ダイハツ・タフト。流行りのSUV路線だが、スズキの軽とは違う切り口で、楽しさを提案している。



そのスタイルだけでなく、パッケージングもユニーク。限られたスペースを有効に使うべく、キャビン前方を乗員スペース、後方を荷室と大胆に分けることで、2人なら、一台で遊び倒せることを示して見せた。



もちろん、乗っても楽しい。それはDNGAによる走りの良さもあるが、それ以上に全車標準のグラスルーフが、パノラマな視界を提供し、景色を楽しませてくれる。もう乗れば冒険が始まる、そんな雰囲気なのだ。



もし買うならば、4WDに拘る必要はないが、ぜひターボを。現状、ギア付きCVTとなるのは、ターボだけなので、DNGAの魅力を最大限味わうなら、ターボ一択なのだ。もちろん、加速が向上し、走行音も静かになるので、趣味で使い倒すなら、そのメリットは想像よりも大きいはずだ。

ガラスルーフ(スカイフィールトップ)は全車に標準装備。
前席重視のパッケージング。後席は色使いも差別化されている。
マイナーチェンジモデルでは、フロントグリルの開口面積を拡大して冷却性能を向上、フロントバンパーエアスポイラーもダウンフォース獲得のために形状が変更された。

今年の一押しは、断然、シビック タイプR。この時代に、硬派なクルマを売っているだけでも、ホンダは偉い!



その存在は、まさに地上戦闘機。BGMに『Danger zone』を流せば、コクピットに収まったドライバーの気分は、まさにトップガン!? ただその勢いで公道に出ると、免許とおさらばになる危険があるのでご注意を...。



硬派な存在だが、乗り味は、昔のようにスパルタンではなく、日常のドライブにも不満はないだろう。ただデートには向かない。それを差し引いても、男心を擽ってくれる魅力たっぷりだ。



約500万円と決して安くないが、リセールは期待できるので、実質価格は思ったほど高くない。



ご存じの通り、英国製のタイプRは、来年には生産を終了。その後の展開は、未定だ。つまり買うなら今がラストチャンス。しかし、関係者情報によれば、残りの生産分はほぼ完売状態という。欲しいなら、今すぐディーラーを駆け回るべし。

320psの2L直4V TECターボエンジン。トランスミッションは6速MTが組み合わされる。
ステアリングの表皮にアルカンターラを採用したほか、シフトノブをティアドロップ形状に変更して操作性を向上。

今年のベストバイは、やはりクルマ。今年3月に納車されたスバルWRX STIだ。リヤスポレス仕様と最終型だけしかない色を選んだ点が拘りのポイント。



意外だったのが、硬派なスポーツセダンなのに、長距離移動での疲れが少ないこと。まぁ燃費はそこそこ。でも思ったよりも悪くない。平成の忘れ形見というべき、最後のEJ20ターボのフィールを満喫している。

『2020年の推しカー』は毎日更新です!



いよいよ2020年もラストスパート! ということで、今年(2019年12月〜2020年11月)に発表・発売されたクルマ(マイナーチェンジ・一部改良・追加モデルなどすべて含みます)の中から、「他人はどうか分からないが、個人的に大好きだ!」という"推しカー”を3台、自動車評論家・業界関係者に選んでいただきます。明日の更新もお楽しみに!

情報提供元:MotorFan
記事名:「 【2020年の推しカー|ホンダ・シビック タイプR】地上を翔ける戦闘機のごとし。こんな時代なのにホンダは偉い!(大音安弘)