ロールス-ロイスが、2020年秋登場の新型ゴーストに向けて、開発コンセプトを紹介するアニメーションを4作品公表した。その中で、2作品について日本語字幕付きが発表された。極めてシンプルでピュアに表現されたアニメーションでの紹介は、ゴーストだからこそできた手法だろう。ここではそのアニメーション2本を紹介する。

Rolls-Royce Ghost Animation 1

Rolls-Royce Ghost Animation 2

2009年にグッドウッド・ゴーストとして登場したモデルの後継となるのが、今秋発売の新型モデルだ。



ゴーストとは、やや小さく手頃なロールス-ロイスという位置づけにある。しかしそれは、単にエントリーモデルということではなく、ロールス-ロイスのフィロソフィを深く理解しながらも、より合理的、効率的であることを望むユーザーに向けたクルマだ。



今回公開されたアニメーションは、今回のモデルの考え方やこれまで学んだユーザー像を紹介したもの。「脱贅沢」とも言われるが、シンプルなアニメーションや、現代的表現などを見ていると「ポストオピュレンス」、つまり贅沢の次なるもの、といった捉え方が見えてくる。



伝統、格式の代名詞とも捉えられるロールス-ロイスだが、こうした新たなユーザーが、新しいロールス-ロイスを育んでいくだと思う。



現行ロールス-ロイス・ゴースト シリーズII (2014〜)

情報提供元:MotorFan
記事名:「 アニメーションで新型ロールス-ロイス・ゴーストの考え方をわかりやすく解説