横浜ゴムは7月31日、トラックの後輪に使用するウルトラワイドベースタイヤとして、新たにスタッドレスタイヤ「903W(キューマルサン・ダブリュー)」を2020年秋より販売すると発表した。発売サイズは「455/55R22.5 166L」の1サイズで、価格はオープン。

独自開発のベルト構造「SpiraLoop(スパイラループ)」により、優れた耐偏摩耗性と耐久性を確保。タイヤの長寿命化に貢献

 ウルトラワイドベースタイヤとはトラックやバスに装着される複輪(2本1組)を単輪(1本)に置き換えることができる超偏平シングルタイヤ。単輪への置き換えにより、タイヤ組み換え・日常点検などの省メンテナンス化や、「903W」の場合、単輪への置き換えにより1軸当たり約111kgの軽量化が可能となることから、例えば後輪2軸の大型トラックでは、約222kgの積載量を増加させることが可能となる。



 「903W」には、タイヤの回転方向と平行にスチールコードを配置したベルト層を有する独自開発のベルト構造「SpiraLoop(スパイラループ)」を採用。これにより、同社従来ベルト構造でウルトラワイドベース化を行った場合に弱点となるショルダー部の成長とベルト部の歪みを抑制させ、優れた耐偏摩耗性と耐久性を確保することができ、タイヤの長寿命化に貢献する。

 また、トレッドパターンは、氷雪上性能重視型スタッドレスタイヤ「ZEN 903ZW」をベースに、ブロックエッジ量を増加させる「小ピッチワイドグルーブ」やブロック剛性を維持し接地面積を確保する「6列トラクションZブロック」を採用し、これらをウルトラワイドベースタイヤ用に最適に配列することで、優れたスタッドレス性能を発揮する。



 横浜ゴムでは近年のトラック・バス用タイヤのシングル化需要に合わせ、ウルトラワイドベースタイヤの販売を加速しており、日本ではトラック用オールシーズンウルトラワイドベースタイヤ「902L」を2019年に本格導入している。また、同社は中期経営計画「グランドデザイン2020(GD2020)」において、タイヤ生産財事業を次の100年の収益の柱とすることを掲げ、トラック・バス用タイヤの拡販にも取り組んでおり、独自技術である「SpiraLoop」を採用した超偏平シングルタイヤを、北米や日本で積極的に展開している。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 横浜ゴムがトラック用ウルトラワイドベース スタッドレスタイヤ「903W」を新発売。サイズは「455/55R22.5 166L」