ABSパネルによるスポーティな一撃_中編

【クロームデリートのすすめ】
KRUISE by KUHL RACING
クルーズ バイ クールレーシング

スタワゴが提案する新たなカスタム「クロームデリート」。ミニバンに限らず、純正でメッキ系加飾を採用するクルマは多い。

メッキの煌めきは高級感を演出するのにぴったりな素材だが、クロームデリートはそのメッキ部分をあえて排するアレンジだ。

本記事_中編では、クルーズ バイ クールレーシングが展開するレーシングフォームカバーを使って、とくに純正メッキ加飾が多い30系アルファードの脱メッキ効果をチェック!


RACINGFORM COVER
レーシングフォームカバー

●純正/存在感あるグリル。そしてヘッドライトからバンパーへ繋がるメッキガーニッシュがアルファードのトレードマーク。

●ヘッドライトガーニッシュ+フロントコーナーガーニッシュ+フォグパネルガーニッシュ/ガーニッシュパネル3点同時装着で印象が激変。フェイスの輝きを抑えることで、精悍さが一気に高まっている。
●ヘッドライトガーニッシュ+フロントコーナーガーニッシュ+フォグパネルガーニッシュ+カスタムボンネット/さらにヘッドライト&グリル上部を覆うカスタムボンネットも装着。メッキ感を抑えることでスマートなルックスに。

「【ABS製パネルで脱メッキ_中編】30系アルファードでメッキレスの効果をチェック【クロームデリートのすすめ】」の1枚めの画像ホワイト(070)


フォグ内側へ設置するフォグパネルガーニッシュはホワイト(070)のほか、ブラック(202)とガンメタカラーを標準設定。組み合わせ次第で、表情が変わって見えるのも面白い。

●純正/左右のテールレンズを繋ぐように配置されるメッキガーニッシュ。幅が広く、リアまわりで圧倒的な存在感を放つ。
●リアガーニッシュ/メッキガーニッシュをボディ同色化することで、リアビュー全体のメリハリ感がアップ。テールレンズも引き立つ。

ギラギラ感をセーブし
スマートで大人な表情へ

「【ABS製パネルで脱メッキ_中編】30系アルファードでメッキレスの効果をチェック【クロームデリートのすすめ】」の1枚めの画像ホワイト(070)


塗装済みパネルの標準色は3色。アルファードで人気のボディカラー、ホワイト(070)とブラック(202)、そしてアイキャッチ効果の高いガンメタ。メッキとの違いは歴然。

全モデルに刻印入り

全商品にさりげなく刻まれているKUHLのブランドロゴ。ABS製法によるクオリティの高い商品開発など、安心ブランドの証だ。

「【ABS製パネルで脱メッキ_中編】30系アルファードでメッキレスの効果をチェック【クロームデリートのすすめ】」の1枚めの画像●純正/存在感あるグリル。そしてヘッドライトからバンパーへ繋がるメッキガーニッシュがアルファードのトレードマーク。

【PARTS SPECIFICATION】
ヘッドライトガーニッシュ 未塗装/3万3000円 塗装済み/3万8500円
フロントコーナーガーニッシュ 未塗装/3万5200円 塗装済み/3万8500円
フォグパネルガーニッシュ 未塗装/3万5200円 塗装済み/3万8500円
リアゲートガーニッシュ 未塗装/3万5200円 塗装済み/3万8500円

問:クールジャパン 052-693-9893
http://kuhl-japan.com

情報提供元 : ドレナビ
記事名:「 【ABS製パネルで脱メッキ_中編】30系アルファードでメッキレスの効果をチェック【クロームデリートのすすめ】