オン、オフどちらにも溶け込むデイトナ発の次世代ホイール

TEAM DAYTONA/F6drive & BB06S
チームデイトナ/エフ6ドライブ & ビービー06エス

先日開催されたレイズワールドツアーで、数多くのホイールが並べられた2020モデル。そのなかでも特にラインアップが充実していたのがチームデイトナ。

デイトナといえばレイズ唯一のオフロードブランドだが、近年のアウトドアブームも見据えた新世代のオフロードホイールを新たに投入。その代表的なホイールがこの2本。

元々ランクルプラドなどの4WDをターゲットにしたF6を5穴化し、RAV4やハリアーといったイマドキのSUVへの装着を可能にしたF6ドライブ。デザインもスポークのリブや角度を新たにデザインすることで、よりメカニカルなルックスに。

そしてアーバンとワイルドさを共存させた新しいオフ系ホイールがBB06S。ガチな4WD系のイメージを踏襲しながら、スリムなスポークやハイブリッドマシニングによって立体的なフォルムを打ち出すなど、どこかスポーティな印象もプラス。

さり気なくオフテイストを漂わせながら街中にも自然と馴染む、それが次世代オフ系ホイールの魅力だ。

TEAM DAYTONA/F6drive
チームデイトナ/エフ6ドライブ

Matching size
WHEEL▪20×8.5+38(スペーサー使用)
TIRE▪265/50-20
センターを深くコンパクトに。元々プラド用にラインアップされていたFDX・F6を5穴化しデザインも最適化している。
レイズ独自の特許技術A.M.T.によってリムフランジに刻まれたロゴマシニング。立体的に表現されることで優越感も格別。
スポーク裏面のアンダーカットによって、軽量化とスポークの足長感をアピール。細部まで緻密な造形にこだわっている。
ディスクカラーはクリアブラックとブラックマシニング。ブラックマシニングはスポーク側面がマシニングされ、メリハリ感あるフォルムに。

【PARTS SPECIFICATION】
SIZE▪18×7.5、20×8.5
PRICE▪4万8000円~5万8000円
H-P.C.D▪5-114.3&5-127&5-100
COLOR▪ブラックマシニング、クリアブラック

TEAM DAYTONA/BB06S
チームデイトナ/ビービー06エス

Matching size
WHEEL▪20×9.0+32
TIRE▪265/50-20
新デザインのセンターキャップ。アルミ鍛造プレス機によるフィニッシュで、ロゴがより立体的に見える処理も施される。
最先端技術が各部に投入されているBB06S。リムフランジへA.M.T.によるマシニング加工でレイズロゴが刻まれる。
BB06S最大の特徴がスポーク先端のブロックマシニング。力強いオフテイストとスタイリッシュな都会感を融合。
ディスク中央のスポークを黒くすることで外周部のブロックマシニングを強調。別体パーツのような雰囲気も打ち出す。

【PARTS SPECIFICATION】
SIZE▪20×8.5~9.0
PRICE▪5万7000円~6万3000円
H-P.C.D▪5-114.3
COLOR▪セミグロスブラック+ハイブリッドマシニング

問:レイズユーザーダイヤル 06-6787-0019
https://www.rayswheels.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「リフトアップ系カスタムには欠かせないチームデイトナ 最新作は街にもオフにも似合うお洒落ホイール