いまどきの通信環境を車内でもフル活用。同乗者も喜ぶ移動空間にバージョンアップ

carrozzeria

アルヴェルほどの高級かつ大容量の車室空間があるのだから、ここでは乗員全員を笑顔にしてくれるエンタメ機能に注力したい。

パイオニア カロッツェリアのサイバーナビは、車室内で常時インターネット接続を可能としたことで、よりエンタメを楽しめるようになった。

ネットワークスティックの活用によってドコモ高速データ通信を定額で無制限利用できるのだ。

ナビ本体でYouTube動画を見放題のほか、レコーダーアクセスを使えば家庭用ブルーレイレコーダーの遠隔視聴までできる。

Wi-Fiスポットとして考えて、自分のスマホやPCを接続してもいい。

まるで部屋にいる感覚であらゆるエンタメを味わえる。

このオンライン機能を活かしてナビとしての魅力も底上げされ、ドライバーだってストレスフリーに。

優れた機能やエンタメ機能を引き立たせる拡張アイテムなど、最新サイバーナビの魅力を紹介しよう。

サイバーナビ AVIC-CQ910-DC

■9V型HD/TV/DVD/CD/Bluetooth/USB/SD/
チューナー・AV一体型メモリーナビゲーション
ネットワークスティックセット
■参考価格:21万円

フルフラットデザインを採用したユニットは先進性を感じさせる部分。
各インターフェースも一新され、よりわかりやすく、そして未来的な表示がオシャレ。

スマートコマンダーは、運転姿勢はそのままで走行中でも安心して、確実な操作をサポートしてくれる。

スーパールート探索
スマホ感覚で使えるIF

YouTubeを直接操作

Amazon Fire TV Stickを接続して多彩なコンテンツを

高級感あるデザイン

純正ナビとは違う高画質でナビ画面からエンタメ映像まで、高解像度で楽しめる。
拡張性も高く、家のPCが車内にインストールされた感じに。

ネットワークスティックで広がる データ通信ネットワーク

サイバーナビの歴史で大変革とも言えるのが「車室内のオンライン化」だ。

それは有料の車載向け通信サービス「docomo in Car Connect」と組み合わせた通信環境によるもの。

標準またはオプションで用意される車載専用のネットワークスティックを接続することで、ドコモの4G LTE回線を定額で速度制限なく使い放題となる。

Youtubeや自宅のレコーダーに録画した映像などのお気に入りの動画が楽しめるほか、ナビ本体をWi-Fiスポットとすればあらゆる通信機器を利用できる。

「docomo in Car Connect」の通信サービスは右上にあるプランごとの設定。

ネットワークスティック同梱モデルは1年間無償使用権が付属する。

docomo in Car Connect

1日(24時間プラン) 500円
30日プラン 1500円
365日プラン 1万2000円

「docomo in Car Connect」の契約形態は利用状況に合わせて選べるのが嬉しい。
毎日のように使うのなら1年プラン、たまにしか連れ出さないのなら1ヶ月とか1日プランでもいい。
付き合い方に応じて選べる体制が整う。
1年間無償使用権を有するモデルもある。


サイバーナビにネットワークスティックを接続すれば、ドコモのデータ通信(LTE)を無制限で利用できる。
クルマの特性を考え、広いエリアで安定した通信環境を得ることができる。

Amazon Fire TV Stick自体、外部モニターで視聴することを前提としたサービス。
このサイバーナビなら液晶解像度や通信容量制限を気にすることなく、好きな動画を視聴することができる。

ナビ本体から出ている付属のUSB外部入力に音楽データなどを入れたUSBメモリをさして、サイバーナビで再生できる。

リア用モニターは2タイプからセレクト!

プライベートモニター TVM-PW1000T

シート背面に装着するタイプのプライベートモニターなら、リアシートそれぞれで映像をひとり占めできる。
メインユニットのほかスマホやタブレットと接続することも可能。
写真のTVM-PW1000Tは、10.1V型XGAモニターを採用し、ハイビジョン画質で映像表示される。
薄型デザインやブルーイルミネーションなどドレスアップ効果も抜群だ。

フリップダウンモニター TVM-FW1300-B

国内最大級という13.3V型モニターを天井に装着するタイプのフリップダウンモニター。
モニターが閉じていても映像表示する「エニタイムビジョン」を採用。
後席ばかりでなく、前席を倒して寝転びながら映像を楽しめる。
映像はフルHD画質で美しく迫力満点。
映像だけでなく青空、星空、オーロラを表示するムードピクチャーも搭載する。

クルマと人を常に見守る最新サポート技術

マルチドライブアシストユニット ND-MA2

サイバーナビの機能を活かしながらセキュリティ対策にも力を注ぐなら、マルチドライブアシストユニットによるシステムアップがオススメだ。
高画質録画設計されたカメラが捉えた鮮明な映像をSDカード(別売)に記録することで、鮮明なドライブレコーダーとして機能する。
トラブルの際に証拠となるばかりか、ドライブ中の思い出を振り返るのだって楽しい。
カメラが捉えた映像は先進的な画像認識技術やネットワーク連携で処理され、リアルタイムでドライバーへ注意喚起。
推定車間距離や誤発進、走行レーンの片寄りまできめ細かく判別してくれる。
クルマから離れている時も愛車を監視。
衝撃や音圧などを感知すると自動録画の上、登録アドレスにメール送信してくれる。


最先端技術が凝縮されたユニット本体はシート下などに設置可能。
もちろん録画データはSDカードで持ち運びできる。

サウンド強化で映像がよりリアルに!

フロントスピーカー TS-C1736S 3万2000円
サブウーファー TS-WX400DA 3万円
音質向上アイテム UD-S701 6500円

車内のオンライン化によってエンタメの幅が広がった今作なら、より音質にもこだわりたくなる。
サイバーナビはもともとオーディオのメインユニットとしての性能を重視し、きめ細かいサウンドチューニングを可能としてきた。
だからこそ、スピーカーやサブウーファーを導入して、好みや聴く音楽に合わせてチューニングすればその魅力は倍増する。
上の例はシステムアップの第一歩としてオススメ。
フロントドア用17cmスピーカーとトゥイーター、そしてサブウーファーだ。アルヴェルの場合、トゥイーターは純正取付位置へトレードイン装着できる。
さらにアルヴェルの音響特性を見越して専用設計される音質向上アイテム(制振材など)を加えれば、さらに音が良くなる。

 

問:パイオニアカスタマーサポートセンター
0120-944-111 carrozzeria.jp

スタイルRV Vol.146 トヨタ アルファード & ヴェルファイア No.14 2020年6月27日発売号 より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「〈トヨタ・アルファード&ヴェルファイア〉アルヴェルにドンピシャ!! カロッツェリアの提案するエンタメ空間|carrozzeria|AVN カスタム