オーバーフェンダーが
ドレスアップの見どころ

EXPLOSION/JIMNY
エクスプローション/ジムニー(JB64系)

EXPLOSION_JIMNY_フロント

オフロード系SUVをフォーカスした新シリーズ「エクスプローション」の最新作は、勢いにまったく陰りが見えない64ジムニー。

前後バンパーやグリルは純正のまま、フェンダーのみを集中的に攻略するプログラムとなっている。

10点フルパッケージで見せるもヨシ、あえてアッパー、またはロア、さらにはサイドシルのみもヨシと、気になる部分から攻められるマルチな選択肢となっている。

そんなフェンダーをさらに味わい深いものとするのがリフトアップサスだが、こちらも複数あり。

ライトユーザーはもちろん、車高にうるさいジムニー通にもオススメだ。

EXPLOSION_JIMNY_リア

オーバーフェンダー(フロント)

フェンダーはホイールアーチを縁どる上段とその根元を、それぞれアッパーとロアとして区分け。両者セットのほか、単品でも購入できる。とりあえずの場合はアッパーからどうぞ。

EXPLOSION_JIMNY_オーバーフェンダー_フロント

オーバーフェンダー(リア)

リアフェンダーの出幅も、フロント用と同じく片側9㎜。継続検査であれば構造変更手続きは不要とのこと。ちなみにフェンダーはABS 製。リアルなシボ加工が予め施されてある。

EXPLOSION_JIMNY_オーバーフェンダー_リア

サイドシル

シエラと比較してモノ寂しさが目立つボディサイドには、専用サイドシルをぜひ。単品でも買える。

EXPLOSION_JIMNY_サイドシル

リフトアップ

前後+10~40㎜上げられるリフトアップサスは、パッケージの内容別に3つのプランがあり。

EXPLOSION_JIMNY_リフトアップキット

ステルスエンブレムカバー

スズキエンブレムをシブく演出する、マットのステルスエンブレムカバー。単に被せるだけ。

EXPLOSION_JIMNY_ステルスエンブレムカバー

アウターハンドルプロテクター

傷が付きやすいドアノブの奥を保護するだけでなく、引き締め効果も期待できるアウターハンドルプロテクターも用意。

EXPLOSION_JIMNY_アウターハンドルプロテクター

実用的なインテリアアクセサリーが充実

ドレスアップだけでなく、実用性の観点からもぜひ欲しい充実のインテリア。小物置きに便利なダッシュテーブルを筆頭に、郊外へ行った際の蚊帳としても使えるシェードなどが揃う。

「〈スズキ・ジムニー〉サイドまわりを集中攻撃! ワイド化で存在感がマシマシ!|エアロ カスタム」の1枚めの画像EXPLOSION_JIMNY_メータートレイ

【PARTS SPECIFICATION】

サイドシル(2P) 2万8000円
オーバーフェンダー(4P) 3万9800円
オーバーフェンダー下部(4P) 1万9800円
上記3点セット 6万9800円
メータートレイ 3800円
ワンタッチシェード(前席2面 1万4000円
グリップカバー(4P) 6000円
ドアプロテクター 6000円
スピーカーリング 6000円
フロアマット(1台分) 1万6000円
ホイール/デルタフォース・オーバル(16×5.5+20)
タイヤ/トーヨー・オープンカントリーR/T(185/85-16)
リフトアップ/リフトアップキット=シックスセンス 3万8000円

問:シックスセンス 072-330-0001
https://www.sixth-sense.jp

スタイルワゴン2020年9月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「〈スズキ・ジムニー〉サイドまわりを集中攻撃! ワイド化で存在感がマシマシ!|エアロ カスタム