バス事業者のコロナ感染症対策を特集

バスラマNo.181ではバスラマ創刊30周年記念インタビュー第3弾として、みちのりホールディングス 代表取締役 グループCEO 松本 順氏へのインタビューをお届けする。みちのりホールディングスは経営コンサルティング会社・経営協創基盤の傘下で、公共交通事業の支援会社として設立され、現在は福島交通・会津乗合・茨城交通・岩手県北自動車・関東自動車など北関東と東北地方のバス事業者に加えて、湘南モノレールをグループに持つ。
みちのりホールディングスの松本CEOに、新型コロナウイルスの影響もふくめ、グループの動向などをお聞きした。

また、前号では緊急特集として、新型コロナウイルスCOVID-19がバス事業に与える影響を報告した。今号では「いま注目のバスの感染症対策」を特集。バス事業者は、利用者と乗務員の安全に配慮しながら運行を継続しており、これまでの飛沫防止カーテンや空調・窓開け運行に加えて、このところ抗菌・抗ウイルスコーティング施工、オゾン発生装置などの導入などに注目が集まっている。
高速バスでは、乗客の飛沫防止・接触回避の装備を導入する事業者も登場した。そのような様々な取り組みを特集形式でお届けする。

バスラマ181.jpg

その他、一般の旅客が利用できる国産連節バスとしては全国初の運行となる、横浜市の連節バス“BAYSIDE BLUE”や新型コロナウイルスの感染拡大により、7月10日に開催を変更した「バステクフォーラム」の様子などを掲載している。



ぽると出版「バスラマNo.181」

【発行日】2020年8月25日(木)
【定価】本体1,362円+税
【サイズ】A4判 96ページ
【書籍コード】978-4-89980-181-8
【概要】
・バスラマ創刊30周年記念インタビュー「みちのりホールディングス 代表取締役 グループCEO 松本 順氏に聞く」
・バスラマ創刊30周年に寄せて-読者投稿から
・バスラマインターナショナルの軌跡 No.41-179の内容を振り返る (1)
・バス事業者訪問217「阪急バス」
・無事に開催! バステクフォーラム
・特集 いま注目のバスの感染症対策
・【レポート】関西初見参!「電気バス勉強会」を開催しました
・【レポート】日本初!ボンネット型電気バスデビュー
・【レポート】置戸町・佐藤さんのボンネットバス再訪
・横浜BAYSIDE BLUE 運行開始
・短期連載 私はドイツの韓国人バスドライバー 第二話
・粒よりの最新レポート、連載ほか

ぽると出版HP

(バスラマインターナショナル)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 バスラマ創刊30周年記念インタビュー第3弾は「みちのりホールディングス」を取材【8/25発行 バスラマNo.181】