大型で強い台風6号は、発達しながら沖縄の南をゆっくりと西へ進む。あす23日(金・祝)には「非常に強い勢力」で、先島諸島にかなり接近する見込み。台風の動きが遅いため、先島諸島では暴風や猛烈なしけになる長い時間続き、雨の降る量が多くなるおそれがある。

●大型で強い台風6号

大型で強い台風6号は、きょう22日(木)9時現在、宮古島の南南東約180キロにあって、ゆっくりとした速さで南西に進んでいます。
中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルです。
宮古島では最大瞬間風速28.2メートル(1時11分)、宮古空港では、最大瞬間風速27.8メートル(11時49分)の強い風が観測されました。

●まもなく「非常に強い勢力」に発達

大型で強い台風6号は発達しながら、沖縄の南をゆっくりとした速さで西よりに進む見込みです
きょう22日(木・祝)の午後3時には「非常に強い勢力」まで発達するでしょう。「非常に強い勢力」とは、台風の強さで上から2番目のランクです。
あす23日(金・祝)は、「非常に強い勢力」で先島諸島にかなり接近する見込みです。
また、この台風は動きが遅いため、影響が長引くでしょう。先島諸島では暴風や猛烈なしけの状態が長い時間、続いて、雨の降る量が多くなることが予想されます。

●暴風・うねりを伴った高波に警戒

大型で強い6号の影響で、沖縄地方では暴風が吹き荒れていて、海上では猛烈なしけになっています。
沖縄地方では、あさって24日(土)にかけて、猛烈な風が吹いて大荒れになり、うねりを伴った猛烈なしけが続くでしょう。
また、奄美地方でも、あさって24日(土)にかけて、強い風が吹いて荒れた天気になり、うねりを伴った大しけが続く見込みです。
暴風やうねりを伴った高波に警戒してください。
特に、先島諸島では、猛烈な風が吹き、猛烈なしけが続くため、一部の住家が倒壊するおそれがあります。風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど、暴風に厳重に警戒してください。また、うねりを伴った高波にも厳重に警戒してください。

●雨の降る量が多くなるおそれ

沖縄地方と奄美地方では、台風周辺の暖かく湿った空気が次々に流れ込むため、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。
雷を伴った非常に激しい雨や猛烈な雨が降り、大雨となる所がありそうです。
土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。、また、竜巻などの激しい突風や落雷にご注意ください。