九州北部の沿岸海上はきょう16日夕方から暴風となり、あす17日にかけて冬の嵐となるでしょう。17日~18日は非常に強い寒波が襲来します。山沿いを中心に大雪となり、平野部でも積雪のおそれがあります。18日にかけて雪を伴った暴風や高波、積雪や路面の凍結などに警戒・注意して下さい。

●沿岸海上は暴風や高波に警戒・注意

きょう16日の九州は冬型の気圧配置に変わっています。現在、晴れている所が多いですが、今夜は寒冷前線が九州北部付近を通過するため一時雨が降り、山沿いは雪になる所があるでしょう。きょうは次第に気温が下がり風が冷たくなりますので、暖かい服装で過ごしましょう。
寒冷前線の南下に伴い、九州北部の沿岸海上は夕方以降、西よりの風が次第に強まり瞬間的に25メートルから30メートルの暴風が吹くおそれがあります。沿岸海上は、あす17日(水)にかけて暴風に警戒して下さい。また、海上は全般に波が高いでしょう。

●17日~18日、厳しい寒さ 山沿いは大雪のおそれ

寒冷前線が通過後、あす17日から18日は冬型の気圧配置が強まり、九州北部の上空1500m付近には-12度前後の非常に強い寒気が流れ込む見込みです。このため、九州北部を中心に断続的に雪が降り、季節風が強く冬の嵐となるでしょう。雪を伴った暴風で見通しが悪くなる所がありますので警戒が必要です。
18日にかけて雪が降り続き、山沿い中心に大雪のおそれがあります。平野部でも積雪する所があるでしょう。予想される降雪量は、九州北部の山沿いの多い所であす17日昼までで5センチ、さらに18日昼までの24時間で5~10センチの見込みです。九州北部の平野部でも多い所は数センチ雪が積もるでしょう。
沿岸海上は18日にかけて西から北西の風が強く、しける所がありますのでご注意下さい。

●雪と厳しい寒さに備えて

このところの春の陽気から一転、あす17日~18日は真冬の厳しい寒さが戻ります。雪や暴風により交通機関が乱れるおそれがありますので、こまめに気象情報や交通情報を確認し、時間に余裕を持って行動しましょう。積雪や路面の凍結が予想されますので、車を運転される方は滑り止めの準備しておきましょう。また、急激に気温が下がりますので体調管理にも十分気をつけてお過ごし下さい。
暴風や雪、寒さへの備えをきょうの早い時間のうちに済ませておきましょう。