5日、気象庁は沖縄・奄美の日照不足に関する全般気象情報を発表。12月の日照時間平年比は38%と1946年の統計開始以来最も少なくなりました。

●記録的な日照不足

沖縄・奄美では、11月28日頃から寒気や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多く、日照時間の少ない状態が続いています。
12月の日照時間平年比は38%と1946年の統計開始以来最も少なくなりました。
今後1週間程度は、気圧の谷や寒気の影響を受けやすいため、雲が広がりやすく雨の降る日があるでしょう。日照時間の少ない状態が続く見込みです。気象庁は農作物の管理等に十分注意するよう呼びかけています。