starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

Tカードのクレジットカードはみな残る模様 新生Vポイントをためるのに向いているのはこれ


Tカードのクレジットカードはみな残る模様 新生Vポイントをためるのに向いているのはこれ
他の写真を見る

2024年4月22日に、TポイントがVポイントに統合されます。

2024年(令和6年)「お年玉付き年賀はがき」当選番号 もらえる賞品もチェック

Tポイントが直接たまる、Tカード一体型のクレジットカードが多数ありますが、この中で廃止が決まったものはひとつもありません。

販促も従来通りなので、Vポイントに統合後もTカード一体型クレジットカードは残るようです。

TポイントがVポイントに替わっても、新生Vポイントをためるのにまだ便利に使えます。

統合を間近に控えた今、どのカードが役立つか検証します。


Tカード一体型のクレジットカードが多数あります

Tカード一体型のクレジットカードは残る

Vポイントに統合後、従来のTカード一体型のカードの存在価値について、最初に確認しておきます。

Tポイントは大きく盛り返している

「Tポイントはもう終わった」と考えているなら、認識不足というものです。

新生Vポイント発足時に、すき家、ロッテリア等ゼンショー系の飲食店もVポイントに参加します

すき家、はま寿司等は先行して三井住友カードのスマホタッチ決済で7.0%以上の還元となる店舗でもあって、ますます盛り上がってきています。

従来通りのポイント提示店舗も増え、さらに三井住友カードのポイントが流入してくるのです。

Tカードの今後について

2024年4月22日の新生Vポイント発足後も、プラスチックのTカードは名称そのままで残ります。

このため「Tカード」の名称を持つクレジットカードも、そのままの名称で構わない ことになります。

ただし将来的にプラスチックのTカードはすべてなくなる模様です。

4月からモバイルTカードがモバイルVカードに名称変更され、プラスチックのカードはこちらに統合されます。

この際に、Tカード一体型クレジットカードがどうなるかは未知数です。

当面は、今まで通りTポイント(実際はVポイント)がたまるカードとして活用可能です。

Vポイントのたまる三井住友カードがライバルとなるわけです。

三井住友カードは非常に優れたカードですが、メリット・デメリットがあります。

・ メリット … スマホタッチ決済で7.0%以上になる特約店が多い

・ デメリット … 通常時の還元率が0.5%

デメリットのほうは、年間利用額で取り返せます

「ゴールド(NL)」「Oliveゴールド」を年間100万円利用することで、1万のボーナスポイントによって還元率1.5%になります(この場合、年会費も永年無料となる)。

とはいえ、全員がこのような使い方をしているわけでもありません。

三井住友カードは現在、「特約店だけで使う」のがお得になってきています。

この点、他のTカード一体型にも、補完できる要素があるわけです。

Tカードのたまるクレジットカードの評価

Tカード一体型のクレジットカードは、さまざまなカード会社から発行されています。

このうち比較的人気の高い、次のカードを検討します。

・ TカードPrime

・ ファミマTカード

・ マジカルクラブTカードJCB

それからTカード一体型ではないのですが、次のものも併せて取り上げます。

・マルエツカード

参照:CCC MK HOLDINGS

TカードPrime

TカードPrime

≪画像元:TカードPrime

TカードPrimeは、ジャックス発行です。

発行会社が違う(アプラス)のに兄弟のような関係のTカードプラスPREMIUMも取り上げるべきですが、PREMIUMはポイントアップのある特約店が「TSUTAYA、蔦屋書店、洋服の青山、ザ・スーツカンパニー、ニッポンレンタカー、エディオン、100満ボルト」のみです。

TSUTAYAも著しく減った今、使いにくいかもしれません。

それよりは毎週日曜日にポイントアップ(1.5%)となるTカードPrimeのほうがわかりやすいでしょう。

TカードPrimeの特徴です。

・ 還元率1.0%(毎週日曜日は1.5%)

・ リボ払いでの還元率2.0%

・ 年会費実質無料(年間一度の利用があれば請求されない)

・ ETCカード無料(ジャックス共通)

・ Apple Pay、Google Payに対応(QUICPay。Apple Payはタッチ決済も可)

日曜がポイントアップ

大きな買い物を日曜日にすると、TカードPrimeはポイント1.5倍でお得です。

なお電子マネーチャージは、すでに対象外となっています(日曜に限らずポイント付与自体なし)。

わずかな活用法を求め、Apple PayのWAONに日曜日チャージしている人もいます。

さらにミニストップでWAONにより楽天キャッシュのPOSAカードを購入するとその先が広がります。

リボ払い「Jリボ」に注意

TカードPrimeはリボ払い(すべてがリボ払いになる設定)だとポイント倍付けです(日曜日の特典はなし)。

これは気を付けないといけません。

次の通り、数あるクレジットカードの中で最も手数料が損になるタイプです。

・ リボ残高が0円の場合、締め日から手数料発生(支払日ではない)

・ リボ残高がある状態で買い物すると、ただちに手数料が発生

・ 金利18.0%(リボ払いで最も高い数字)

・ リボ残高が5,000円になるとコンビニATMで随時返済できる

入会キャンペーン時に、2,000円分のポイントとJデポ(請求額値引きチケット)がもらえるので、すべてがリボ払いになる「Jリボ」にする選択肢もあります。

支払日を待たず、5,000円単位でどんどん入金していく覚悟があるなら、お得を求めてリボ払いにチャレンジしてみてもいいでしょう。

そこまでしたくないなら、手を出さないのが無難です。

ファミマTカード

ファミマTカード

≪画像元:ファミマTカード

ファミマTカードの特徴です。

・ 還元率0.5%

・ ファミリーマートで使うと、2.0%

・ 年会費無料

・ すべての決済がリボ払いなので注意(店頭で期日に支払うか、口座振替にすれば手数料は発生しない)

ファミマTカードは、筆者も昨年入手し、実際に使っています。

最大1万3,500円の入会キャンペーンは、達成間近です。

おかげでTポイントが大きく増えました。

ファミリーマートでは使っていません(三井住友カードのスマホタッチ決済で、セブン-イレブン、ローソン等で買い物するほうが圧倒的に得になるため)。

とはいえこのカードをきっかけに、ファミペイを使うようになりました。

ファミリーマートにも、ファミペイクーポンを活用しによく出入りしています。

その結果、ファミリーマートではファミペイがあれば十分だという結論に至りました。

ファミマTカードからファミペイへチャージ可能で0.5%のTポイントが付きますが、PayPayカード(JCB)からチャージしたほうが1.0%で得です。

キャンペーン達成後のファミマTカードについては、三井住友カードと合わせてVポイントをためていくには、やや心もとない存在です。


マジカルクラブTカードJCB

マジカルクラブTカードJCB

≪画像元:ニッセン

通販会社ニッセンの、マジカルクラブTカードJCBの特徴です。

・ 還元率0.5%(ただし月3万円以上の利用で、1.0%)

・ 年会費無料

・ Apple Pay、Google Pay対応(QUICPay)

ニッセンで使うとポイントが「+3倍」というメリットはありますが、それより、どこで使ってもポイント1.0%還元というのが主たる特色です(月3万円以上利用の場合)。

0.5%の三井住友カードに替え、QUICPayを活用して活用する余地があります。

ETCカードがないので、メインカードとして使う場合ご注意を。

Tカード一体型クレジットカードはまだ使える

Tポイントを統合して生まれ変わるVポイントを、最もためやすいのは三井住友カードです。

ただ、既存のTポイント一体型も、サブカードとしてはまだ役に立ちます。

特に還元率1.0%のTカードPrime、マジカルクラブTカードJCBはおすすめです。

【ローソン】3月の「お試し引換券」対象商品・注目商品 2月の節約効果は5,774円

【業ス】3/1~「総力祭(第1弾)」歴20年マニアの節約主婦が選ぶ「迷わず買いセール品 7選」+月間特売

名前が「ゆかり」ならずっと半額!お好み焼ゆかりがお得すぎてバグっているので行ってきました

    Loading...
    アクセスランキング
    starthome_osusumegame_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.